ダストクーラーをDIY修理。冷却面側の加工でダストボックス内部は約10℃で安定!

この2日くらい激アツですね! 夏〜って感じの日差しで部屋の中にいても暑い!
さて、今回は先日から続いているTOTOダストクーラーの修理で、冷却面側の加工を施すことにしました。

写真_-_Google_フォト

上の写真は、もともとのペルチェ素子が付いていたアルミブロックですが、4cm四方の汎用ペルチェ素子の接地面積が少ないので、この飛び出たアルミ部分を削り、銅を貼り付けることにします。

スクリーンショット_2020_08_11_21_33

銅板は、これまたJunkな iMac G5があるのでこの中から取り出します。マザーボードの裏側には3mm厚の銅板があります。

スクリーンショット_2020_08_11_21_36

まずは、これをヒートシンク大に切り取り、アルミブロックにねじ止めします。

IMG_20200808_205658_8

銅板なんで、ハンドツールで切ってみましたが、かなり切り取るのに時間がかかりました。やっぱり、金属加工やるならバンドソーが欲しいですね。

スクリーンショット_2020_08_11_21_40

アルミブロックの余分な部分は、グラインダーで削り取り、オイルストーンで平面出し。

スクリーンショット_2020_08_11_21_41

完全に平面出すのは疲れたので、このあたりで妥協です。平面が出せるベルトサンダーがほしいですね。タップを切って、銅板を固定します。

スクリーンショット_2020_08_11_21_42

銅板固定にさほどトルクは必要なにので、プラスティックのアンカーに皿ネジを固定する方法にしました。銅板2枚には、銅グリスを塗っておきました。コパスリップっていうグリスですが熱伝導用としてではなく、これは錆びやすいボルトを経年しても取りやすくするもので、焼きつきやすいプラグとか、マフラーのネジとかに使ったりするものです。ティッシュに含ませてグリース部分を落とし、なるべく固形状にして塗っておきました。普通のCPUグリスでもいいんですが、なんとなく銅なので良いかなと。

IMG_20200809_173132_5

で、ダストボックスの穴を開けて、銅のヒートパイプを中に貫通させておきました。クリアランスがなかったので、ケースは少し削ってあります。これで完全にペルチェ素子は全面が金属に接地します。

空白_Skitch_キャンバス

ヒートパイプを中に貫通させたのは、まぁ、多少は冷却速度が速くなるかもくらいですがあわよくば、このあたりが凍結しないかなと思って加工してみました。

スクリーンショット_2020_08_11_21_54

隙間部分には、シリコンシーラントを充填し保冷。CPUグリスで、ペルチェ素子を2つ重ねてつけます。黒いのは最初からあったスポンジ材です。

ペルチェ素子は、つける前に温度を測定しておきました。個体差があるようで、5枚のうち一番冷えるものを選別しておきました。

IMG_20200809_172727_3

外気温、31度くらいで2段のペルチェ素子表面温度は、−8度で安定しました。(銅ヒートシンク、空冷)

IMG_20200811_021135_8

背面のケースは熱がこもるので、取っ払いむき出し状態です。2、3時間くらい経過すると室温27度くらいで、ダストボックス内部は約10℃で安定していました。

もともとの純正ユニットでどのくらい冷えるのかは不明ですが、冷蔵庫と同じ温度ならまぁOKでしょう。水もいい感じで冷えていました。

冷却側をシーリングして、保冷し、銅ヒートパイプを中まで貫通させましたが、さほど効果はなかったようです。前回、ざっくり仮付した状態でも11℃くらいでした。アルミブロックに接触させず、銅を結露する状態で中まで貫通させたほうが中は冷えたのかもしれません。または、水冷にしてラジエターで発熱側をもっと冷やすとかすれば、もう少し下がるのかもしれません。やりたいことはいろいろあるんですが、今回は実用温度まで達したのでこれで終了にします。夏場ですが、冬とかどのくらいまで下がるんでしょうかね。気が向いたらレポートしてみます。

これで、いつ壊れても汎用の1枚200円のペルチェ素子で修理できますのでこれからずっと使えそうです。どのくらい壊れずに使えるか楽しみですね。

 

ペルチェ素子2段で−4℃まで行く空冷ファンを探せ!

先日に続き、ダストクーラーボックスの修理をやっています。前回は、ジャンクの8cmファン付きヒートシンクに2段のペルチェ素子を12Vと5Vで駆動させ −1℃ を達成できました。

次なる作業は、仮組みするため電源を周りの収まりをなんとかします。

スクリーンショット_2020_08_08_1_02

ダストボックスにこの1Uサーバ電源を入れるためには、長さを3.5cm切り詰める必要があります。一度、電源をバラして詰められそうな部分を短くします。

IMG_20200804_165709_8

AC電源入力部分をざっくりと外だしにしてケースを切りました。これで3.5cm以上は短くなったので、ダストボックスに横置きできるようになりました。

IMG_20200805_021441_8

配線周りをやって、この状態で中がどのくらい冷えるか確認しました。すると、写真はないですが約16℃くらいです。前回は22度だったのでだいぶ前進しましたが、10度くらいにはなって欲しいのでさらなる検討が必要です。

空白_Skitch_キャンバス

さらに冷やすためには、冷却側の金属接地面積を増やすのと、発熱側をさらに冷やすことの2つの戦略がありそうですね。冷却側は明らかに、接地面積が足りず結露の氷がペルチェ素子側にあります。

発熱側は、もう少し高性能なヒートシンクがあれば理論的に、もっと冷やせるはずです。そういえば、JunkなiMacG5があるのを思い出して引っ張り出してきました。

IMG_20200806_130357_3

このヒートシンクはたぶん、銅製だったはずです。中を開けて確認。

空白_Skitch_キャンバス

はい! 銅製で、かなり重いです。このヒートシンクのほうが熱が伝わりやすいので今のジャンクファンより、このiMacG5のジャンクファンのが冷えるはず。

空白_Skitch_キャンバス

ということで、実験してみましょう。前回と同じ環境で、ヒートシンクだけ変えています。表面温度が安定する温度を計測します。

IMG_20200808_005211_4

!! 前回は、−1℃で安定していたのが、今回は−5度くらいで安定しています。さすが、銅製ですね。発熱側の熱を効率よく解放することでここまで下がるんですね!

では、実際に仮組みして、ダストボックスの中がどのくらい冷えるか確認してみます。

スクリーンショット_2020_08_08_1_18

ファンはシロッコファンみたいなのでヒートシンクにカバーをしたほうが良さそうですが、まずはざっくりこの状態で。ダストボックスの中の温度は少し見えにくいですが約10℃になっています。家庭用冷蔵庫とほぼ同じ温度です。銅製のヒートシンクに変えることで 6℃ 下がりました。

次は、冷却面を考えることにします。まずは、ペルチェ素子の面を全部金属に接地させるために、今まで使っていたジャンクのヒートシンクをバラして銅部分だけ使うことにしてみます。

IMG_20200808_013254_4

まだ加工は途中ですが、銅のヒートパイプ部分をアルミブロックの脇を通りダストボックスの中まで貫通させるイメージです。表面温度は0度で凍結していますね。

IMG_20200808_015644_3

ヒートパイプもペルチェ素子付近は凍結していますが、パイプの先までは冷気が逃げるようで無理でした。冷却面をシリコンシーラントで断熱すれば良いのかもしれません。銅ブロックをアルミブロックの代わりに使えばもっと効率がいいのかもしれません。要課題です。

冷却側はいかに、熱を逃さないようにするか断熱が課題ですね。こうして作ってみると、冷凍庫の冷却システムってすごいですね!

ダストボックスとしては実用温度に達しているので、そろそろ実験も終えて運用できるように組み付けを考えないとですね。ちなみに、この構成の消費電力は、約80Wです。

17939

1ヶ月の電気代は、約1500円

78W_23時間x30日_1kWh単価27円_で電気料金を計算

生ゴミを臭わなくする価値が1ヶ月1500円に見合うかどうかですね。50Wくらいだと嬉しいんですが、2段にしているので今のシステムだと仕方ないですかね。

次回は、冷却面を完成させて組み込み実運用できればと思います。ダストボックスはそろそろ限界が見えてきたので、バイクの色を塗りたいです。

 

ペルチェ素子2段でマイナス温度を実現! 効率的に冷やす方法とは?

先日、ダストクーラーの修理をしました。しかし実際に運用してみると、あまり冷えないことに気がつきました。100円均一で、温度計(目安計で正確ではありません)をゲットしてきて測ってみると23度くらいです。(室温28度)

IMG_20200801_152308_7

考えられる原因としては、以下が挙げられます。

・ペルチェ素子の冷える面に対して、アルミブロックの設置面積が足りない
・冷える面と、温まる面の防壁がない(熱が逃げる)
・温まる面にヒートシンクがついていて、間接的にケースの外側にファンがついている
→ 熱が効率的に冷えない → 冷える面もそれに準じ、さほど冷えない

つまり、改造したので構造的な部分の欠点、熱交換の部分の欠点などが考えられそうです。

スクリーンショット_2020_08_04_0_48

ちなみに、冷蔵庫は10度くらい、冷凍庫は−10度〜18度くらいのようでした。

生ゴミ保管庫としては、0度くらいを保ってくれると嬉しいのですが、もう少し改善できない実験してみることに。

まず、構造的な部分は次回考えるとして、今回はペルチェ素子を2段3段と重ねたらどうなるか実験してみました。まず、電源をJunkBoxから調達です。

スクリーンショット_2020_08_04_0_56

1Uサーバ用の250W電源です。中は少し改造してありますが、12Vと5Vが取り出せるようになっています。この電源なら60Wのペルチェ素子を3、4段重ねて駆動させられます。

IMG_20200803_213232_0

実験用の設備は、ファン付きのヒートシンクにペルチェ素子を付けて、表面温度を計測します。ファンは5Vに接続してあり、ほぼ音はならない回転数です。12Vにファンを接続すると爆音でファンが回ります。

IMG_20200803_214039_6

ペルチェ素子が1枚(12V)のときは、おおよそ9度でした。ファンは5Vに接続してあります。

スクリーンショット_2020_08_04_1_02

では、2枚に重ねてみるとどうなるでしょうか? ペルチェ素子が2枚(12V)のときは一旦、1度付近まで下がりましたが、2、3分すると温度が上昇し、結局下の写真のように8度〜9度付近で安定しました。

IMG_20200803_232802_8

ペルチェ素子が3枚(12V)(3段)のとき、写真を撮り忘れましたが、今度は逆に温度が上がっていく現象になりました。一瞬、何が起きたのかパニックになりました。そうそうに電源を切ったので写真がなくてすみません・・・・うーむ(笑)
冷静になって考えてみると、12V定格で3枚を密着させて動作させたときの熱を吸収できなったのでしょう。

IMG_20200804_002621_1

今度は1枚に戻して、ファンを12Vに接続して実験。すると、0度付近で安定しました。でもファンが煩さすぎて運用する気にはなれません。しかし、発生する熱をうまく逃すことができれば、冷える面も下がるということはわかりました。熱を逃がせないと前回3段の時のように、ペルチェ素子自体が発熱してくることもわかりました。

IMG_20200804_003744_8

最後に、2枚接続し、下段は12V、上段は5Vに接続、ファンは5Vで回します。すると、マイナス4度まで一旦下がりました! 5分以上、稼働させ安定するポイントは−1度くらいでした。

IMG_20200804_012210_8

つまり今回の実験では、一番効率がいいのは、2枚の組み合わせです。CPUヒートシンク(ファン付き)側に接続するペルチェ素子は12Vで定格駆動させ、上段は5Vで運用。これが今の所、最適のようです。

3段でも、電圧を調整して熱量をうまく逃すことができれば同じように効率的に冷えると思いますが、2段でマイナスまで行ってくれれば今回は良しとします。ブログを書いているとペルチェ素子が結露して凍結していました! 記念に、-1℃ とドライバーで書いてみましたよ!

IMG_20200804_012347_0

次回は構造的な部分にメスを入れてみたいと思います。なんとか、使えるダストボックスにしないとですね!

 

スカイウェイブ400 CK43Aをモリワキカラーに塗り替えるその3

やっと梅雨が開けて青空が出て来ましたね! ということで、スカイウェイブ400 CK43Aをモリワキカラーに塗り替えるシリーズの第3回目です。

1

まず、色がどんな感じが確認するため、前のフェンダーを青と黄色で塗ってみることに。400番のペーパーヤスリで下地処理後、中性洗剤で洗いました。フェンダーの下側がめっちゃ汚かったです。上についているネジが内側からねじ込まれているんで、手が劇よごれました。

2

新聞紙がないので、建築用の汚れ防止フィルムを使い椅子を保護。これ便利です。まぁ作業用の椅子だから汚れてもいいんですが。

3

1日目の天気は微妙。塗る色はクリエイティブカラースプレーのウルトラマリンとグロスホワイト、そしてモノタロウの黄色ラッカースプレーです。黄色は、クリエイティブカラースプレーのブライトイエローを買ったんですが、色が明らかに違う黄色でモノタロウの黄色スプレーでいいやということでこれにしました。今回、フェンダーは青と黄色を塗ります。

4

マスキングして青から塗ろうと思ったのですが、綺麗に曲線が貼れません。細いマスキングテープを買いに行くのが面倒だったので、ビニールテープで代用。曲線は綺麗に貼れますが粘着質があとから残るので処理しないとです。曲線のマスキングは目でみていい感じになるまで調整しています。

5

マスクをして塗装! ちょっと前までこのマスクもモノタロウで買えませんでした。

6

この日は、日が暮れたので作業終了。ミッチャクロン後、1度塗りしてます。明日は青を2度塗り後、黄色部分を塗ってみます。

7

本日はめちゃ天気いいです。青もモリワキブルーに近いと思いますので、これで続行。クリエイティブカラースプレーのウルトラマリンはいい色ですね! 3度塗り後の表面。

IMG_20200802_144511_2

表面処理をするかしないかは、黄色塗ったあとに考えることにします。まずは、マスキングを剥がして、再度マスキングです。なかなかいい感じに曲線が出ているんじゃないでしょうか。

IMG_20200802_155834_1

気分転換にホームセンターへ。最近よくビバホームに行っています!

9

5mmのマスキングテープが欲しかったのですが、12mmのしかなかったです。クリアーラインテープっていうのが2mmから5mmまであったのですが結構、高い! 迷ったんですが、両面テープの5mmが88円なんで1回試してみることに。まぁ、12mmでもフェンダーくらいの曲線なら大丈夫なはず。

10

はい、ぜんぜん12mmで大丈夫でした。ビニールテープ貼った部分はシリコンリムーバで綺麗に。これスプレー式なんですね。布とかに塗布して使うタイプだと思ってました。シリコンオフもゲットしていますが、今回はモノタロウのシリコンリムーバを使ってみました。

モノタロウの黄色スプレー。いい感じの黄色です。

8

あとは、後ろについている手すりみたいなパーツを下地処理。前のオーナーが立ちごけしたのか、壁に擦れたのか傷がありますので綺麗に削りました。パテしようかなと思ったんですが、それほど深くなかったので、電動サンダーで削って処理です。

IMG_20200802_142344_2

今回、このサンダーを買ってみました。手だと日が暮れるし、この値段ならまぁいいかということで。なんだかんだで、塗装ってのは地味にお金が必要です。

Amazon___EDS-100_MK_ミニデルターサンダー_25-526___サンダー

あと、塗装面を研ぐときに楽できるかもとサンドペーパーもゲットしておきました。

Amazon___Aewio_5穴_140mm__400_-__3000_サンドペーパー_サンダー用_サンディングディスク_64枚に8タイプ__400_600_800_1000_1200_1500_2000_3000各8枚__塗装面の研磨、金属表面の錆取り_研磨、木工生地研磨などに__64枚に8タイプ__400_-__3000____紙ヤスリ

400番から3000番まであるんで、いい感じかもです。まだ400番しか使っていませんが。

IMG_20200802_183855_6

11

下地処理が思いの外、時間がかかり黄色の重ね塗りはできず本日は終了! 日が暮れてから黄色を塗ったのですが、少し垂れてしまいました。やっぱり晴れの昼間じゃないとだめですね。

青いスプレーはあと2本は必要かな。塗装完了までまだ道のりは遠いです。名称未設定-2____100___CMYK_プレビュー_

アンダーカウルとか、シート下の素材ってうまく塗れるんだろうか? ちょっと素材が違うのよね。そもそも今回、ウレタン塗料じゃないので剥がれないかとかも検証です。

・(済)リアのキャリアステー自作してキャリア設置
・(済)ホイールを白色に塗りかえと、フロントホイールのベアリング外し
・(済)プラグ交換(長さ19mmのCR7EIXが来るのを待ち)
・(済)タイヤ前後交換
・(済)フロントホイールのベアリング交換
・(済)リアのクラッチ、ドリブンフェイス側のニードルベアリングの交換(異音がします)
・(済)ファイナルギアボックスを開けて清掃、鉄粉を除去
・(済)純正の劇重いマフラーを軽量のものに交換
・(済)マフラーにグラスウールを詰めて近接排気音をクリアする
・(済)エンジンオイル抜き、エレメント交換、オイルサンプフィルター清掃
・(済)エンジンオイル注入(オイルサンプフィルターのフタOリング交換)
・(済)リアブレーキパッド交換
・(済)フレームの錆止め
・(進行中)ボディー色をモリワキカラーに塗り替え
・ステッカーチューン(一部はデータ作成、シール発注
・タイヤステッカーを貼る
・仮で作ったエキパイ部分をメタルフレキシブルホースに交換して排気漏れをなんとかする
・(済)サイレンサー入り口のネジ3本をヘリサート加工して排気漏れをなんとかする
・(済)ネジ切れたボルトをなんとかする
・(済)サイレンサーの消音材の処理をもう少しましにする
・シート張り替え(アリエクから到着済み)
・グリップヒーターをグリップの下に埋め込み
・リアのドリブンフェイス付近からの異音問題(ニードルベアリングは交換済)

冷えなくなったダストクーラーのペルチェ素子を交換して修理してみる

今日は冷えなくなったダストクーラー(生ゴミボックス)の修理をやってみようと思います。これは、生ゴミを一時的に保管して腐敗を防止して匂いを防ぐというものです。

IMG_20200731_141857_4

TOTOダストクーラー NMS025D/KNMS025D という型番のようですね。

IMG_20200731_141902_5

このタイプの冷蔵庫は、中にペルチェ素子が入っていて冷やす仕組みです。アリエクから激安のペルチェ素子を買ったので、中を分解して修理してみようと思います。

5PCS_TEC1_12706_12V_60W_Heatsink_Thermoelectric_Cooler_Cooling_Peltier_Plate_Module_With_Insulation_Cotton_Washer_Demo_Board_Accessories__-_AliExpress

5つ入って1000円くらいでゲットしました。ショップによって多少値段は違いますが、1枚あたり200円くらいのものです。型番は、TEC1-12706 で、12V 60W となります。

早速分解してみましょう。

空白_Skitch_キャンバス

フタ側にはファンと電源ユニットがついています。ヒートシンクみたいなのがペルチェ素子がついたユニットです。

空白_Skitch_キャンバス

弱と強のスイッチです。

スクリーンショット_2020_07_31_22_48

ペルチェユニットは、冷蔵庫の中からねじ止めされています。

スクリーンショット_2020_07_31_22_50

このユニットを分解! 取るべきネジはとったつもりだったんですが、真ん中にありましたね。ゴムで隠れていました。

IMG_20200731_164045_4

2つ仕様にしようかとも思いましたが、試しに電源に負荷をかけたら、電源が落ちました。

IMG_20200731_165441_3

仕方がないので、1つ仕様に。右側のタイルみたいな金属がペルチェ素子のようです。このベース土台をそのまま活用できないかテストしてみるために、テスト稼働してみました。

スクリーンショット_2020_07_31_22_55

しばし、冷えるまでボックスを丸洗いです。こんな機会じゃないと洗わないしね。

IMG_20200731_173651_9

ちなみに、ファンは三菱のが付いてました。交換しようかなと思ったのですが、修理優先で。

スクリーンショット_2020_07_31_22_59

やっぱり冷えなかったのでさらに分解していくことに。
プレスティック製のガワを外すと、アルミブロック全体が出て来ました。

スクリーンショット_2020_07_31_23_01

古いペルチェ素子は全部、剥ぎ落としグラインダーで綺麗にしておきました。

スクリーンショット_2020_07_31_23_02

この状態でアルミブロックと、ヒートシンクをシリコングリスを塗って密着させます。再度、テストです。

IMG_20200731_192430_2

うまく冷えたので、組み付けです。

スクリーンショット_2020_07_31_23_08

このままだと、ヒートシンクが動いて密着しないのでダイソーのステンレスステーで固定する金具を作りました。

元に戻して、修理完了! 試運転です。

・・・・・・ 箱の中がぽかぽか状態です。あれ、表裏間違えたかな? 再度分解して確認してみます。

IMG_20200731_214625_0

はい! 間違っていましたね。文字が書いてあるほうが冷えるほうです。逆にして再度、組み付け。そこそこ冷えていますが、冷却性能はどのくらいなんでしょうかね。

明日、温度計でも買って来て付けてみようかな。

▼今後の予定
・0度くらいまで効率よく冷やすには、どのようにしたらよいか?
・ペルチェ素子2段、3段、4段、5段重ねで保冷庫の中の温度がどのように変化するか?
・12V電源の用意
・ヒートシンクの選定

サイレンサーの消音材を巻き直す

グラスウールを詰めて近接排気音を調整していましたが、巻いた半分くらいでちょうどいい感じかなということで、巻き直すことにしました。

空白_Skitch_キャンバス

テスト後のグラスウールはこんな感じ。もう少し金網みたいなもので覆ってあげないとグラスウールが飛び出て来そうです。

空白_Skitch_キャンバス

パンチングメタルを使おうと思っていましたがどうせ見えないし、もっと低価格のものでいいやということで、ダイソーのステンレスザルを使うことに。解体します。

空白_Skitch_キャンバス

ステンレスってのは、硬いですね。網はちょうどいい大きさですね。
次は、グラスウールを切り出します。前回はこの幅・長さを全部巻きましたが今回は半分にします。このグラスウールは、旭ファイバーグラスの断熱材「アクリア」です。ホームセンターで1巻で小売していたやつです。ぜんぜん、まだ余っているのでコンプレッサーの防音ケースでも作るときに使ってみたいです。

空白_Skitch_キャンバス

グラスウール表皮(防湿フィルム)を剥いで半分にカット。

IMG_20200730_133807_9

前回は、普通の針金でしたが今回はステンレス針金で巻きます。前回よりも少しマシになりました。

近接排気音は、ちょうどいい感じです。4000rpmのときも80db以下で、アイドリング時も前回よりは気持ち大きくなりましたが、心地よいサウンドです。速く試走してみたいですね。

Screenshot_20200730-233548

・(済)リアのキャリアステー自作してキャリア設置
・(済)ホイールを白色に塗りかえと、フロントホイールのベアリング外し
・(済)プラグ交換(長さ19mmのCR7EIXが来るのを待ち)
・(済)タイヤ前後交換
・(済)フロントホイールのベアリング交換
・(済)リアのクラッチ、ドリブンフェイス側のニードルベアリングの交換(異音がします)
・(済)ファイナルギアボックスを開けて清掃、鉄粉を除去
・(済)純正の劇重いマフラーを軽量のものに交換
・(済)マフラーにグラスウールを詰めて近接排気音をクリアする
・(済)エンジンオイル抜き、エレメント交換、オイルサンプフィルター清掃
・(済)エンジンオイル注入(オイルサンプフィルターのフタOリング交換)
・(済)リアブレーキパッド交換
・(済)フレームの錆止め
・(進行中)ボディー色をモリワキカラーに塗り替え
・ステッカーチューン
・仮で作ったエキパイ部分をメタルフレキシブルホースに交換して排気漏れをなんとかする
・(済)サイレンサー入り口のネジ3本をヘリサート加工して排気漏れをなんとかする
・(済)ネジ切れたボルトをなんとかする
・(済)サイレンサーの消音材の処理をもう少しましにする
・シート張り替え
・グリップヒーターをグリップの下に埋め込み
・リアのドリブンフェイス付近からの異音問題(ニードルベアリングは交換済)