ClassicPress で マルチサイトを立ち上げる

ちょっと時間が空いてしまいましたが、自宅サーバでClassicPressを立ち上げるプロジェクトの続きです。マルチサイト機能を使ってClassicPressを運用してみることにしますが、まずはローカルのMAMP Pro 環境でやって流れを掴んでみることにします。

今回はサブドメインでの運用を想定していて、大まかな流れは以下のようになります。

①名前解決で同じサーバに向ける
DNS周り、またはhosts で以下ドメインを1つのサーバに向けるよう設定します。
または、ワイルドカード DNS の設定をします。今回はローカルで以下のようにHOSTSをいじりました。
例:gpl.jp → 127.0.0.1
http://www.gpl.jp → 127.0.0.1
hoge.gpl.jp → 127.0.0.1
junkhack.gpl.jp → 127.0.0.1

②WEBの設定で、*.gpl.jp を同じWEBROOTを見に行くよう設定

③WEBROOTにClassicPressを展開
→wp-config.php のDB設定
DBはもう作ってあるものとします。

④WEBアクセスしてClassicPressをインストール
→ 普通にウィザードに沿ってインストールするだけです。

⑤wp-config.php へ設定を記載
define(‘WP_ALLOW_MULTISITE’, true);

⑥管理画面へログインし、サイトネットワークの設定 へ
→ サブドメイン型でインストール

⑦インストール完了すると以下のように指示が出てきます。
wp-config.php と .htaccessへ指示通りに記載

————- wp-config.php

define(‘MULTISITE’, true);
define(‘SUBDOMAIN_INSTALL’, true);
define(‘DOMAIN_CURRENT_SITE’, ‘gpl.jp’);
define(‘PATH_CURRENT_SITE’, ‘/’);
define(‘SITE_ID_CURRENT_SITE’, 1);
define(‘BLOG_ID_CURRENT_SITE’, 1);

————- .htaccess

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]

# add a trailing slash to /wp-admin
RewriteRule ^wp-admin$ wp-admin/ [R=301,L]

RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -f [OR]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} -d
RewriteRule ^ – [L]
RewriteRule ^(wp-(content|admin|includes).*) $1 [L]
RewriteRule ^(.*\.php)$ $1 [L]
RewriteRule . index.php [L]

⑧再度、ログオフ、ログインしてサイトネットワーク管理の管理画面にアクセス
→ 設定>サイトネットワークの設定 から各種設定
→ 管理メニューを有効化(プラグイン)

以上で、OK。新規サイトを追加する場合は以下。

①サイトネットワーク管理 から追加
サイト>新規追加サイトを追加_‹_サイトネットワーク管理__GPLJPオフィシャルサイト_—_ClassicPress.png

以上で、複数のClassicPressサイトが出来上がり。基本WordPressと同じですね。

マルチサイトの運用はいろいろ勘所がいると思いますので不定期に何か気がついたら書いていくことにします。管理系のプラグインは便利そうなのが出ているので何か見繕って使っていくと思います。

https://ja.wordpress.org/plugins/search/Multisite/

次回は、とりあえずローカルのMAMP環境で以下をやってみたいと思います。

・MAMP Pro 環境でLet’s Encryt のワイルドカードSSLを設定

うまくできるかな?

 

ThinkCentre M75q-1 TinyのUnixBench

UnixBench を計測したので貼り付けておくことに。OSは、Fedora32 Server です。RAM8G、SSDはM.2 の128GB です。電源はまだノーマルの標準電源を使っています。iso download は以下。

Fedora 32: Standard ISO image for x86_64
https://getfedora.org/ja/server/download

Fedora-Server-dvd-x86_64-32-1.6.iso をEtcherでUSBへ。デフォルトのインストとupdate した状態です。

# uname -r
5.6.6-300.fc32.x86_64
# cat /etc/redhat-release
Fedora release 32 (Thirty Two)

UnixBenchのインストールは以下で。

dnf -y install perl perl-Time-HiRes make gcc git
cd /usr/local/src/
git clone https://github.com/kdlucas/byte-unixbench
cd byte-unixbench/UnixBench
./Run

————————————————————————
Benchmark Run: 木 5月 14 2020 21:04:49 – 21:32:47
8 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables 49030625.4 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 8053.1 MWIPS (10.0 s, 7 samples)
Execl Throughput 7274.6 lps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 1361719.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 393986.4 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 2712326.9 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 2370670.8 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 320451.7 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 11315.5 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 6747.2 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 2979.2 lpm (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead 3484938.2 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 49030625.4 4201.4
Double-Precision Whetstone 55.0 8053.1 1464.2
Execl Throughput 43.0 7274.6 1691.8
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 1361719.5 3438.7
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 393986.4 2380.6
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 2712326.9 4676.4
Pipe Throughput 12440.0 2370670.8 1905.7
Pipe-based Context Switching 4000.0 320451.7 801.1
Process Creation 126.0 11315.5 898.1
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 6747.2 1591.3
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 2979.2 4965.3
System Call Overhead 15000.0 3484938.2 2323.3
========
System Benchmarks Index Score 2154.9

————————————————————————
Benchmark Run: 木 5月 14 2020 21:32:47 – 22:00:43
8 CPUs in system; running 8 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables 236941205.1 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 51602.2 MWIPS (9.3 s, 7 samples)
Execl Throughput 28775.4 lps (29.5 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 1419459.3 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 363611.3 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 3235463.9 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 13054418.9 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 1339045.5 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 62894.8 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 28423.5 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 4298.6 lpm (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead 15655142.3 lps (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 236941205.1 20303.4
Double-Precision Whetstone 55.0 51602.2 9382.2
Execl Throughput 43.0 28775.4 6692.0
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 1419459.3 3584.5
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 363611.3 2197.0
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 3235463.9 5578.4
Pipe Throughput 12440.0 13054418.9 10493.9
Pipe-based Context Switching 4000.0 1339045.5 3347.6
Process Creation 126.0 62894.8 4991.6
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 28423.5 6703.7
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 4298.6 7164.3
System Call Overhead 15000.0 15655142.3 10436.8
========
System Benchmarks Index Score 6422.2

うほ! シングルで2154.9、マルチCPUで6422.2。なかなか優秀じゃないですか!
自宅サーバにはもったいないくらいですね。

DW1820A WiFi、Bluetoothとアンテナを取り付け

ちょっと間が空きましたが、無事にアリエクから購入した品が届きましたので、取り付けてみました。

WiFiとアンテナを調達!
https://junkhack.gpl.jp/2020/03/29/wifi-dw1820a-bcm94350zae/

実際のカードはこんな感じです。このカードは、WiFiとBluetoothのコンボカードです。

14765.jpgちゃんと、技適のシールもあるようですね。14764.jpgWiFiカードは、HDDマウンターの下にあります。14763.jpgこんな感じでアンテナを取り回してみました。アンテナコネクタが取り付けにくかったので、取り付けてからねじ止めしました。14762.jpg2本あるので、上段のは穴を開けています。14761.jpgちなみに、こういうのがあると、便利に穴が開けられます。上段スロットの蓋をとりはずして穴あけておきました。とりあえずは、ここがベストかな。3pc_Hss_step_drill_bit_set_cone_hole_cutter_Taper_metric_4_12___20___32mm_1___4__titanium_coated_metal_hex_core_drill_bits_Drill_Bits__-_AliExpress.png

あとは、BIOSでEnabledになっているのを確認後、Win起動。14759.jpg14760.jpgドライバーがまだ入っていないので、BCM2045A0の不明なデバイスになっています。2020-05-08__1__png_-_OneDrive.png

ドライバはこれで行けるようです。

Broadcom 4356 Bluetooth ドライバー (Windows 10 64bit) – ThinkPad L460
https://support.lenovo.com/jp/ja/downloads/ds111952

2020-05-08__3__png_-_OneDrive.png

当初、懸念していたベンダーIDとかいじらなくても特に認識した感じです。Windows機として使う場合は、無線はやっぱり便利ですね。Bluetooth4.1 LEです。1600円くらいで、WiFiとBluetoothがつけられるので、純正より安いですね。

このマシン、将来的にはサーバ機になるんですが現在はフォートナイト専用マシンとして遊んでいます。画質は全部、低にしてだいたい50FPS くらいでますんでビギナーにはちょうどいい感じ。

2年間ありがとう・カシモWiMAX

カシモWiMAXが、ちょうど2年経過したので解約手続きしました。今はenひかりに乗り換えしています。

WEBからログインして、解約ボタンを押すだけでめちゃくちゃ簡単でした。他の解約とかでかなり面倒くさいとこがある中、これは優秀です。

Kaiyaku

「解約手続きに進む」をぽちっとな!

Kaiyaku2

メールで確認きました。簡単でしたね。本来、解約とはこうあるべきだと思います。

ご連絡ありがとうございます。
カシモ受付センターでございます。

2020年04月末日での契約解除手続きを承りました。
このメールをもって、契約解除手続きの受付が完了しております。

契約解除料 0 円(税抜)は、解約月の翌月にご登録のクレジットカードにご請求致します。
お支払いのほどよろしくお願い致します。
尚、引き落とし日については各クレジットカード会社様までお問合せください。

今回のご案内は以上となりますが、他にもなにかご不明な点などがございましたら、
お気軽に返信もしくはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

今後ともカシモWiMAXをよろしくお願い致します。

カシモ受付センター

端末は、どうすればいいしょうかね? ちょっとメールで聞いてみることにします。

Kaiyaku3

もらえるんだったら、分解して遊んでみたいですね。

WiFiとアンテナを調達!

世間はコロナで、ニュースサイトもコロナのことばっかりですね。東京は不要不急の外出は控えないといけないんで、というか外にはあまり用事ありませんが、ネットの世界で遊んでみましょう!しかも、日曜は雪ですよ。この時期に東京で雪なんて珍しいんじゃないでしょうか。

で、アリエクがセールに突入したんで宅内サーバにする現在発注済みの「ThinkCentre M75q-1 Tiny」に取り付けて実験するWiFiカードとアンテナを調達しておきました。調達にあたり、先輩方のサイトが参考になりました。

PC好きの備忘録:ThinkCentre M75q-1 Tinyを買った
https://hchch.net/thinkcentre-m75q-1-tiny-review/

WiFi カードはいろいろと候補がありますが、このマシンに取り付けられるM.2スロットは 長さが30mm タイプ、2230のKey A+E が付けられるようです。安いのはINTELのがあるんですが、 ちょっとこのマシンに Hackintosh が入れられるか試してみたくて、WiFi もそこそこいけそうなのを選んでいました。Hackintosh に INTEL の WiFi は選択肢としてはナシなので、Boot macOS さんとこで使えそうで長さが短い NGFF(M.2)なものを探しにいきました。

Boot macOS:HACKINTOSHのパーツ選び 【その4:無線編】
https://bootmacos.com/entry/2017/09/10/175816

M.2 タイプの WiFI だと一番無難なものは、BCM94360NG のようですがこれはちとお高い(5000円ちょい)ので、多少パッチやドライバ当ててもいいんで安そうなものを探していました。

結局、型番と流通の両観点からお得でかつ、容易(ドライバやパッチしなくても)なものを探すのに1、2日かかりましたが、以下サイトから

INVENTORY OF SUPPORTED/UNSUPPORTED WIRELESS CARDS #1
https://osxlatitude.com/forums/topic/2120-inventory-of-supportedunsupported-wireless-cards-1-snow-leopard-el-capitan/

DW1820A という型番、チップはBCM94350ZAE(技適:007-AD0109)が良さそうだということになりました。たぶん、OOB(Out of the Boxの略でパッチいらずで箱から出してすぐ使えるもの)と記載がありました。これの詳細は以下にあります。

BROADCOM BCM4350 CARDS UNDER HIGH SIERRA/MOJAVE/CATALINA
https://osxlatitude.com/forums/topic/11322-broadcom-bcm4350-cards-under-high-sierramojavecatalina/

対処法の要約は以下です。

⑴ブートフラグに、brcmfx-country = XX  (XXはターゲット値、たとえば、US、FR、#aなど)をつける。
⑵ASPMを無効にするDSDTパッチをあてる
>該当PCIのターゲットデバイスを指定
>具体的な値は以下

Key = compatible | Value = pci14e4,4353 | Type = STRING
Key = pci-aspm-default | Value = 0 | Type = NUMBER
Key = AAPL,slot-name | Value = WLAN | Type = STRING (optional)
Key = device_type | Value = Airport Extreme | Type = STRING (optional)
Key = name | Value = Airport | Type = STRING (optional)
Key = model | Value = Dell DW1820 (BCM4350) 802.11ac wireless | Type = STRING (optional)

⑶あとは、BrcmFirmwareRepo + BrcmPatchRAM2 のkextsを入れればBT4.1で AirDrop と Handoffが使える

という感じのようです。ちゅうか、OOBじゃないやん(笑)一応、用語の解説。 ASPM は、接続するデバイスが使用中でない時に PCIe リンク用に電力状態を低く設定することです。

RedHat:3.7. ACTIVE-STATE POWER MANAGEMENT
https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_enterprise_linux/6/html/power_management_guide/aspm

Handoffとは、iOS とかの対応アプリで作業途中から引き継げる機能で、以下参照。

Apple:Handoff を使ってほかのデバイスで作業を続ける
https://support.apple.com/ja-jp/HT209455

 

これらは、DELLやLENOVOのパーツ型番があるようで、汎用品は、Amazonでも流通していますが 急ぎではないので、1000円代で買えるアリエクでポチっておきました。このDW1820A の表記があるのはDELLの汎用品でしょうか。

DW1820A BCM94350ZAE 802 11ac BT4 1 867Mbps wifi Adapter DW1820 BCM94352Z M 2 better NGFF than BCM94350 WiFi Wireless Card E8G2 Computer Cables Connectors AliExpress

送料入れて、1350円くらいですかね。アンテナも同時にゲット。すばらしぃ安さ!今セールなんですよね。てか、年中セールやってますが(笑)

2x6Dbi 2 4GHz 5GHz Dual Band M 2 IPEX MHF4 U fl Extension Cable to WiFi RP SMA Pigtail Antenna Set for Wireless Router Aerial Network Cards AliExpress

これは、MHF4コネクタの30cm ケーブルのようです。2本目のアンテナはどっから出すかはまぁ来てから考えることにします。合計で2000円以下のカスタマイズですが、サーバ運用する前にあれこれ遊ぶ予定です。

 

最後に、最近フォートナイトっていうゲームにハマっています。これ、最終的には壁(建築物)をうまく制御できないと勝ちにくいので、コントローラーが必須です。良くても2、3位くらいでぬっころされるんで、DUALSHOCK 4 のパチモンをゲットしました。

Controller For PS4 Pro PC iPhone Android Mobile Phone Wireless Bluetooth Gamepad For SONY Playstation 4 Dualshock Console Gamepads AliExpress

無料でできて、かつ mac でもプレイできるんでハマっているんですが、勝てないんでムキになるんですよね。
「ThinkCentre M75q-1 Tiny」だとどのくらい遊べるか、ちょっと気になっています。岡ちゃんねるさんとこでは、1980×1080の画質中で、Windows だと 60FPS 出るそうです。

AdSense を設定してみるがサブドメインあかんみたい?

さて、最近このサイトを自宅サーバに引っ越すためあれこれ準備をしています。

自宅サーバになったら、AdSense もやってみたいなと思って登録しようと思いました。

Google AdSense
https://www.google.com/adsense/

が、登録中、以下のようになります。

Google AdSense

マニュアルによれば、サイトの追加からできるようですが、これをやるにはまずメインのドメインを追加して認証させないとだめみたいです。

サイトリストでサブドメインを追加または削除する
https://support.google.com/adsense/answer/9130110?hl=ja

メインのドメインっていうと、gpl.jp や http://www.gpl.jp というものですがこれはとりあえず運用していません。しかし、とりあえずサイトを起動させておかないと許可が降りないのかな? ま、そういうのはやってみればわかりますね。やってみましょう!

次のステップでは、マルチサイト機能を使ってメインドメインを動作させてみようと思います。ClassicPress でもできるはずですので動作確認も兼ねてみましょう。あと、ローカルの MAMP Pro 環境で Let’s Encrytの SSL をワイルドカードで出来るかやってみようと思います。

・ClassicPress で マルチサイトを立ち上げる

・MAMP Pro 環境でLet’s Encryt のワイルドカードSSLを設定

とりあえず、このようなネタをあげる予定です。

 

Lenovoの電源に使われている角形コネクターをポチった

Lenovoの電源に使われている角形コネクターって、何で検索すると出るんでしょうね?こういうやつです。

Levonoの電源に使われている角形コネクターをポチった

これの正式名称はわからないですが、「Square DC tip plug connector」で検索するとわさわさ出てきました。安いとこで、230円くらい。

Plug Connector Cord laptop Power Cable For Lenovo IdeaPad Square Connector Charger Laptop Adapter pc Cable Notebook Computer Cables Connectors AliExpress

これの使用用途は、ThinkCentre M75q-1 Tiny の電源を変えるためです。純正の65w だとビデオ性能が出ないとのことで、それを確認するためです。ビデオ性能が40%くらい上がるらしいんで、実験です。あと、本体はもう出荷されたようです!

E383ace3838ee3839be38299e383bbe382b7e38299e383a3e3838fe3829ae383b3 e59586e59381e587bae88db7e381aee38193e38299e6a188e586854294919726 take gpl jp gpl jp e383a1e383bce383ab

輸送は、Nittsu NEC Logistics がしているようです。4/2 くらいには届くそうです。

このほか、WiFi とアンテナをゲットする予定ですが、アリエクのセールがあと2日ほどで始まるのでちょっとポチるのを待っている状況です。Levono のBIOS はWiFi カードのベンダーコードを返す純正品しか使えないとかどうとか。それらも含めて実験です。具体的なカードの型番は、ポチってから紹介することにします。