ビールケース加工その1 9999円3DプリンターのDIY

9999円未満で作る3D DIY プリンターの続きです。本日は、ビールケース大瓶の底を抜き取りました。

P1300033

カッターをバーナーであぶりカット。超音波カッターがあれば楽なんですが。

P1300037

抜き取られた底。これは、ペイントするときのテスト素材にします。

P1300034

この素材は、ペイントの強敵らしく通常ではペイントが剥がれてしまうらしいです。ので、表面をバーナーで熱処理してから塗れば良いとの事らしいです。追ってテストしてみることに。予定ではつや消しブラックにしようかと思っています。

P1300035

当初、この縦置きにして上部を開口しようと思っていましたが、それほど高さがあるものをプリントするわけではないので、通常の置いた状態で使うことに。

もう少し、加工は続きます。あと、電源は以下のがジャンクにありましたのでこれを使うことに。薄型で1Uサーバの電源で250wくらいあります。

P1300036

グリーンフレームS の D-Slot

625 V のベアリングをグリーンフレームに図面で当ててみました。

b

かなり、噛み具合が浅い感じ。なんか微妙ですが、ほんとにいけますかね。

a

まぁ、たぶんそれなりにかみ合ってくれるはずですが。実際作ってみないとわかりません。

フレームは発注済なので、現物が着たら実際に作ってみることに。

ビールケース大を調達しました

9999円以下で作る3Dプリンターの構造用に使うビールケースを、酒屋さんで調達してきました。200円でした。

P1300013

底が邪魔なので、とっぱらう予定。

P1300014

こんな構造になっています。

P1300015

ニッパーでも金きりはさみでも切れます。

P1300016

汚れている部分は、削れば綺麗になりそうです。

P1300017

解体には、カッターが一番いいかもしれません。

P1300018

すこしづつ、解体していくことに。一気にやると、こういうのは疲れて嫌気がさしますので。

 

corexy にして使うには、どのようにケースを使うのがいいのか考えたいと思います。

 

開口部が上になるのがいいので、この置いた状態のまま使うことに。xyz のフレームはグリーンフレームSを5本調達。

合計338円。安いですね。2020 のを使うより、500円以上コスト削減できました。

 

現在までのパーツ代合計(送料込)

———————————–

RAMPS 1.4                                        —–> 436円

Stepper Driver A4988 x 5pcs               —–> 500円

J-head Hotend Extruder Kit For E3D V6 —–> 513円

Mega 2560 R3                                   —–> 872円

RAMPS 1.4 コンパネ (LCD 12864)         —–> 807円

チューブと継ぎ手セット                        —–> 121円

MK8 ドライブギヤ                               —–>   65円

ステップモーター x 5                           —–> 2080円

XH2.54 Terminal x 30 個                    —–>   30円

ビールケース大                                   —–> 200円 ★今回計上したもの

グリーンフレームS 5本                        —–> 338円 ★今回計上したもの

———————————–

5,962円

残 4,038円

ミスミのグリーンフレーム、サンプルが到着

先着500名に無料サンプルを配っていたので、申し込みしておきました。それが到着。

P1300008

外寸28mmタイプのサンプルです。前回検討していたのは、外寸19㎜のフレームのグリーンフレームS というやつです。

P1300007

想像より、がっちり固定されています。

P1300009

ボルト一本で固定できるのは考えましたね。これは便利です。

P1300011

このようにツメでクランプして固定する構造です。

 

このツメ上のフレーム部分に注目してみました。

S20170321_001

625 ベアリングに溝が切ってあるタイプを当ててみると、ちゃんとひっかかります。少し角度を変えて、上下180度で挟み込む感じでも大丈夫そうです。

S20170321_002

これだけひっかかれば、3個のベアリングで挟み込めます。グリーンフレームのS でもこのでっぱりはさほど変わらないはずなので、350mm が73 円で買えますから、1本のスロットは最安値ですみそうです。

 

9999円の3Dプリンターのスロット用に採用する方向で検討します。

Gimbal の構想をぼちぼち始めることに

Amazon でぽちった、赤いラインのレンズ保護フィルターも無事装着。

IMGP1349_8bit

赤いラインと、撥水のマルチコート に引かれて買ったZEROPORT JAPAN レンズ保護フィルターを装着してみました。

IMGP1348

これで、ジンバルの主要なパーツが電池を除いて全部到着。

P1300001-1

EMAX のジンバル用のモータも大きさから Lumix 程度ならいけるはずです。

P1300003

3D プリンターだけで作れないところは、CNC  の出番も場合によってはありそうです。

あと、この背景は本日ニトリで調達してきた、幅45cm の遮光ロールスクリーンです。通販だと送料がかかるので、なかなか買いそびれていたものです。ゴミ箱台と、紙の撮影ブースから少しグレードアップしました。それから、光源がもうひとつ要りますね。

MidDrive 750w MTB の DIY

天気が良かったので、ニトリに撮影用に使う遮光ロールスクリーンを買出しに行きがてら、完成したミッドドライブのMTB の写真を撮ってみました。

 

Black + Gold 仕様です。定格51.8V 10Ah でアシスト走行距離は、フル充電で30km 以上の航行距離です。37.8Vがカットオフですがまだそこまで走りきったことはありません。乗り方次第ですが、50km くらいはいける感じです。

P1010634 DMC-FZ200 ISO100  ShutterSpeed 1/200 F2.8

 

P1010622

 

P1010652

 

P1010653

 

P1010628

 

P1010636

 

P1010644

 

P1010640

 

P1010643

 

P1010648

 

P1010651

 

P1010646

100km 走行しましたが、まだバリが残っています。ブラックチリコンパウンドってやっぱり優秀なんでしょうかね。

P1010655 Panasonic DMC-FZ200 ISO100 ShutterSpeed 1/2000 F2.8

 

風が強かったですが、春になってきましたね。あと、2週間もすれば桜の季節です。

58V チリウムポリマーバッテリーのDIY

11・11にアリエクでゲットしたバッテリーをやっと作りました。

これの使い道は、Mid Drive 化した MTB の動力源です。14S 仕様で、直列につなぎ51.8V(58.8V Max) の10Ah です。モバイルバッテリーの中に入っているくらいの大きさです。51.8V のリチウムポリマーのバッテリーはアリエクで出来合いのものを買うと、3万以上します。ポリマータイプか、18650かで当初迷いましたが、重量と充電管理の面から、こっちを採用。ベアリングもそうですが、バッテリーも中華のはあたりはずれが大きいです。今回のはどうでしょうか。

IMGP1325

パーツを寄せて、作れば1万円以上は安く作れますので自作してみました。1つのバッテリーは、3.7V でフル充電で 4.2V ほどです。生セルなので、プラマイの印もありません。テスターで調べて、プラスに赤くマーキングしておきます。

IMGP1326

電極は片側に出ているタイプなので、以下のように交互に配置。直列にして51.8V にします。

IMGP1327

BMS で1本づつ充電できるよう配線します。

IMGP1328

電極は半田で直付け。54.8V ほどあります。ほぼフル充電のようです。

IMGP1329

あとは、ホットボンドで隙間を埋めて固定し(結構がっちり固めます)、緩衝材とBMSを一緒にくるみ、ビニールテープでぐるぐる巻きにします。往復、25Km の距離に対応できるかはまだ、不明です。BMSの配線は以下のようにします。

DIY_Lithium_Battery_-_BMS_Wiring_-_Part_3_5_-_YouTube

C は、充電コネクターのマイナスを、Pには、負荷になるマイナスを接続し、プラスは電池へ接続。一応、30A の自動車用ヒューズが余っていたのでつけておきました。販売サイトの図はちょっとわかりにくいです。

14S_Li_ion_Lipo_LiMn_battery_protection_board_48v_58_8V__lithium_battery_pack_BMS_PCM_30A_continuous_Discharge-in_Electric_Bicycle_Accessories_from_Sports___Entertainment_on_Aliexpress_com___Alibaba_Group

セルの数が違っても、原理は同じです。

BMS の基板は、MOS FET とかダイオードとかトランジスタなどで構成されています。

S20170313_005

1700円ほどだったので、これは自作してもコストメリットが出そうにないので、買いました。

S20170313_010

IRFB3607PBF がついています。Nチャンネルの 75V 80A のパワーMOS FET です。

S20170313_012

75度のTB02-BB8Dがついています。 75度でカットオフになる保護用のサーモスタットです。BMS の金属板の上に貼り付けておきました。

 

充電器は、58.8V 3A ので充電します。ソケットは、3Pinのマイクとかに使われるXLR ソケットを使いました。メスのほうはバッテリーとBMSにつけておきます。

HTB1iubuLXXXXXayXVXXq6xXFXXXi

負荷用には、防水の2pin をつけておきました。

5kits-Flame-retardancy-2P-auto-connector-waterproof-automotive-Wire-Connector-Plug-2-Pins-Electrical-Car-Motorcycle

実装して、50Km 走りましたが、25km の往復距離にも問題なく対応します。なかなかいい感じです。帰宅しても、50V 程度でとどまっていました。これは優秀なバッテリーですね。あとは耐久性です。6000km 以上無事に走れるかはこれから。あまり深く放電させないようにしたいですね。24V のハブモーターは、7S のバッテリーで 12Ah ほどでしたが、4000km から5000km くらいで往復25km を完走できなくなっていました。現在は、BMS が壊れたのでパーツ待ちです。

 

Mid Drive の感じは、ひさしぶりに感動するものでした。アシストレベル1 から5まであり、アシストレベル1 で、24Vの今までのハブモーターを超越しています。重心がペダル下にあるので、段差とかでこぼこ道とかはほんと載りやすくなりました。あと、フロントのスプロケットは、53T もなくてよかった感じです。47T くらいがベストかな。

 

それから、交換したタイヤ(Continental – X King MTB 26 x 2.2)。これ、すごくいいですね。気に入ったので次も、たぶんこれにします。まだヒゲが出ているので、ならし中ですが、載り味が別の自転車のように変わりました。2本で3300円とは思えません。あとはどのくらい耐久性があるのか。6000km 完走できるかどうかがひとつの基準です。バッテリーとタイヤは長期レポートです。

 

8fun のMid Drive は、1000W タイプもありますが価格バランス的にも750W で十分満足です。ということで、ひさしぶりに満足の高い DIY ができました。

 

あと、1ヶ月ずっと張り込んでいた、カメラの中古の購入、本日やっとぽちりました!

これは次回のネタにすることに。