200円で、ハンドスピナーを作ったよ

3D プリンターがあると、今流行っているハンドスピナーも200円くらいで作れます。ベアリングの価格次第です。ベアリングを1つだけ使うものであれば、50円ほどで作れます。

IMGP1363

いろんなタイプのがありますが、608 タイプのベアリングを入れるものが主流のようです。この608 タイプのベアリングはスケボーの車輪軸に使われているもので、流通量が多く入手もしやすいです。いくつかのタイプを作ってみました。

P1310002

ベアリングを4つ使うタイプは、ずっしりして片手で回すには少し力が要ります。2つタイプのは、あんまりお勧めしません。あと、密封型のベアリングは中に塗布してあるグリスが抵抗になるので、ほどよくバーナーであぶって少し溶かし出して回りをよくしてあります。筐体に嵌め込む前に作業しておきます。

P1310018

今回使ったベアリングはアリエクから ABEC-7 相当というのをテストで買ってみたのですがクオリティーが悪いので今回のおもちゃ用に使いました。それでもそこそこ回ります。日本製のベアリングなど精度がよいものであれば、かなり回ると思います。

 

3Dモデルは、Thingiverse で以下のタイプをプリントしました。Spinnerで検索するとたくさん出てきます。

Tri_Fidget_Spinner_Toy_by_2ROBOTGUY_-_Thingiverse

ベアリングが1つなのは、以下。

Fidget_Hand_Spinner_by_Ackij_-_Thingiverse この玉が見えているタイプは、樹脂製のシールで作られたタイプの 608 タイプをシールを取ってグリスを洗い出したもので作ってあるようです。または、こういうオープン構造のベアリングもあります。

 

回りにある3つのベアリングは錘なので、ベアリングじゃなくても良いので、ナットとか、コインとかでも良いです。

5円玉とほぼ同じ大きさなので、6枚はめてみました。

P1310029

そこそこ回ります。

P1310028

1セントのPenny硬貨をはめたモデルもありました。

PENNY_TRI_SPINNER_-_Fidget_Toy_by_2ROBOTGUY_-_Thingiverse 

大人用だと、608 タイプのベアリングでちょうどいいですが、子供用は 625 タイプの少し小さいのがいいんじゃないかなと思います。そのうち、作ってみようかなと。

ワークスペースを作るため3D プリンターを押入れに入れた

机の上にワークスペースを作らないと、CNC やその他もろもろの作業ができないので部屋を整理していました。3D プリンターは毎日使うわけじゃないので、押入れにスペースを作ってそこに入れました。

P1300830

服は片側だけで問題ないので、いらない服は整備するときの布切れにしました。服の断捨離の基準は、この1年で着たかどうかです。着なかったものは、容赦なく捨てるか切り刻んで布切れに。

 

扉を閉めると、かなり音が静かになって一石二鳥です。また押入れの中にもダウンライトが付いていますし、LEDライトも3D プリンターにつけたので照明にはこまることはなさそうです。

机の上は、作業スペースが出来てこれで CNC や 9999円3D プリンターのプロジェクトも再開できそうです。少しづつですが、これで前進できそうですので、来週からまた作業を再開しようと思います。ま、あわてず少しづつですが。

 

みんな細かなパーツはどうしているんでしょうかね。ボックスに入れてしまうと、ちょっと作業したいときなど取り出す手間がかかります。このあたりは一考の余地がありますね。たとえば、electronics work room などで画像検索するとたとえば以下のような感じで小さな引き出しがたくさんあるようです。

927a131c2e7d3b5f08d56ac838941c8a

たしかに便利そうですが、ごちゃごちゃした感じがあまり好きになれません。

acc309f4a8c0fead0c07f90d26319b6f

すっきりしつつ、便利な感じにしたいのですがどうしたらいいでしょうかね。

01ccaf9ea2d03c5f332c8bc31e099542

DIY Tool Wagon の貫通穴調整

ミスミのグリーンフレームを貫通させるための穴がなかなか納得いくものが出来なくて、やっと5つ目で出来ました。

P1300797

後ろの4つは、微妙にサイズが小さくて溶かしてはめ込んだのですが、そのまま装着したいのでサイズ調整をしていました。写真で装着しているものは、5回目のプリントでやっと出来たサイズ調整なしのものです。

P1300799

アルミフレーム部分のシルエットを大きくしても、出っ張った部分の横幅がさほど大きくならないのと、へこんでいる部分を浅く作ることでやっと出来ました。

a

こんな感じで抜く穴を調整。

P1300800

あとは左右対称にしてプリントするだけですが、結構なサイズですのでプリントは時間がかかります。空き時間を見つけて、少しづつプリントしていきます。

 

CNC を作り出すと、工具が部屋に散らかるのでまずはこのワゴンから作っています。

ロフト部分から部屋を撮影しましたが、T字型に組んだテーブルの手前に3D プリンターがあるのですが、これを押入れ部分に収納してここを作業台にしようと思っています。

名称未設定

3D プリンターがあると、机の上がごちゃごちゃしてくるのでなんとかしたいなと。作業が進まないのは、部屋が散らかりすぎているからなんですが、どうやってすっきりさせようかと思案中です。