Junk な 30インチモニターの分解

ゴールデンウィークは天気が良くて、気持ちいいですね。
今回は、ちょっと古めの30インチモニターのジャンクを分解して、アナログ系ユニットと、チューナーを取り外したら無事写ったという記事内容です。D-SUB 入力のメイン基板は故障しておらず、モジュール式のアナログ入力ユニットとアナログチューナーを取り外したら動きました。

 

E-yamaの30インチモニターが、10年ほど前に電源が入らずぶっ壊れました。捨てるのが面倒でいつか暇が出来たら分解してみようと思っていましたが、GWにやっと分解してみました。

P1300900

型番は、e-yama の 30TE1W-SJ というもので、消費電力が150W もあります。現在の 32インチモニターは50W前後の消費電力なのでかなり電力を消費しますね。どういう原理で今は100Wも削減できたのでしょうかね。時代を感じます。

 

さて、改めて症状とを見てみると10分か15分くらいで以下のようにシマシマになります。電源は入るようですが、しばらくすると熱でサーモスタットが働き電源も落ちます。最初は写るので、メイン基板は死んでいないようです。

P1300913

どこかの基板がオーバーロードしている感じですかね。このモニターはアナログチューナーとアナログ系の入力、D-Sub のモニター入力などがあります。

 

分解してみましょう。

電源部分はなんと、ACアダプタが本体に埋められています。こういう設計もあるんですね。なるほど。P1300906

12V 12.5A の電源のようです。かなり熱をもっているようです。これも分解してみます。蓋の裏側のゴムを剥ぎ取るとネジがあります。

P1300910

全体がアルミの放熱板で覆われていて、ある程度、熱が収まると電源はまた入ります。

P1300911

さらに分解します。

スクリーンショット_2017_05_05_14_19

アナログ系の入力と、アナログチューナーがモジュール式になっているのでこれをとっぱらいます。この状態でD-Sub 入力が安定して写るか確認。

しばらく映画を見ていましたが安定して写るようです。シマシマにはなりません。ラッキー!

P1300922

いろいろ試してみるものですね。どうやら問題は解消されたようです。

 

メイン基板も見てみましたが、明らかにコンデンサーが膨れているものはなく、寿命までもう少しがんばってもらうことに。

P1300921 

結構たくさんコンデンサはありますね。

P1300918 

これがメイン基板全体像。

P1300919 

これを全部交換するのも大変です。

P1300920

 

で、筐体がシルバーなので、つやけし黒で塗ることにしました。当時はシルバーが流行っていたんですかね。なぜシルバーを買ったのかはぜんぜん覚えていませんが、リサーチして安いから妥協して買ったのかもしれません。2003年あたりに買ったはずです。
100円均一の黒で塗っていましたが、容量が足りずホームセンターへ買出し。100円のは、70ml しかないですが、ホームセンターのは300ml で 168 円でしたのでこちらのほうがお得ですね。

P1300937

中性洗剤で表面を洗って、乾燥してから塗りました。

P1300923

結構適当に吹きつけましたが、そこそこ綺麗に塗れました。小さな部品はちゃんと取りはずして。

P1300936

で、組み付けて設置。なかなかいい感じです。やっぱりモニターっていうは黒がいいですね。シルバーは今は好きになれません。あと、壁掛けにするんだったら白がいいなと思います。

これで、小さいモニターを入れて、3画面になりました。

P1300941

ローグ・ワンはまだ見ていませんが、連休中に見てみようかなと。レンタル料が500円です。

あと、このちっさいモニターもジャンク品なんですが、どうやら写るようでこちらもラッキー品です。Spotify のプレイヤーを表示する専用にしています。まだあと3台ありますのでまた別に紹介する予定です。

P1300945

DVI to HDMI のケーブルが見つからないのでこれを探して3画面にしたいです。どっかにあるはずなんですがね。

 

ということで、死んだと思っていたモニターが復活した話でした。これで2.5万散財せずに済みました。
ま、その内本当に壊れると思いますので、1ヶ月2000円くらい、モニター貯金をしていこうと思います。ということで、100円均一に行って札の貯金箱を買ってきます!来年の春には、32インチは、どのようなモニター事情になっていますかね。

久しぶりにジャンクをゲット

JunkHack という名のブログですが、あまりジャンク品が出てこないのでたまにはジャンク品も紹介しようと思います。ジャンクな品はあるのですが、貧乏くさいブログになるのであまり紹介してこなかったのですが根っからジャンク好きなので、やっぱりいじりたくなります。

 

ついつい寄ってしまう定期巡回のハードオフですが、名古屋には結構たくさんあって楽しめます。最近、ハードオフも結構高めに設定されているのですが中には買ってもいいなという基準をクリアする品があります。今回、そんな基準をクリアしたのはこちら。

P1300730

HORI のジョイスティック・ゲームパッドです。PS2 用のですがお値段が250円に惹かれました。機械的には動作しそうなので、昔から欲しかったのですが高いので手が出せなかったものです。格闘ゲームには必須のアーケードジョイスティックですね。 P1300732

かなり筐体は使い込まれた感じですが、まだ使えそうな感触だったので USB 化して使おうと思います。

モデルナンバーは、HPS-11 COMMAND STICK PS とあります。メモリ機能がついているようですね。

P1300733

そして、違う日にハードオフの違う店舗で以下を100円でゲット。

P1300734

ELECOM の 10ボタンUSBゲームパッド。JC-U2410TBK

ex1

USB 仕様に変更しようかと。そして、Orange Pi で Mame など動かして(RetrOrangePi)(LAKKA)遊ぼうかと思っています。バラシはまた今度のお楽しみに。

osx で、このUSB のジョイパッドを認識するのは以下のドライバーで。

USB Overdrive
http://www.usboverdrive.com/USBOverdrive/Download.html

USB_Overdrive_のインストール_と__Volumes_USB_Overdrive_と_©1999-2016_Alessandro_Levi_Montalcini

まだ再起動していませんが、これから試してみます。

 

最後に、プロゲーマーの梅原さんがプレイした神バトル「背水の逆転劇」を載せておきます。

梅原さんは本も書いていて、すごくためになります。お勧めです。

勝ち続ける意志力 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 (小学館101新書) Kindle版

JankHackロゴを考えちゅう

前からせこせこと、イメージしていたロゴを考え中。JunkHack_LOGO1

もっと、ラフにしないとPCB とかにプリントしたとき消えちゃうし。ロゴって難しいですね。

 

JunkHack_LOGO2

友達のデザイナーに暇なときに、作ってもらおう。やっぱりプロがやるとクオリティーがぜんぜん違うし。