本体側への装着はだいたい終了

休み中には完成できませんでしたが、本体側はほぼ終了。

body

USB,VGA,SP はホットボンドでくっ付けました。本体は側面を作り、上からもうひとつのラケットで覆う感じにします。

 

USB の先に付くコントローラA,Bの加工はゆっくりやっていきます。

とりあえず工作三昧の夏休みでした。さぁて、完全に夜型になってしまいまいた。今日からお仕事です。がんばりますか。

電源まわり

とりあえず、電源周りを先にやっつけることに。

 

まず、基盤を一体化させるために連結します。

写真 1

 

次に、リチウム電池を固定させる電池ボックスを作成。クリップで微調整して接点を作ります。

写真 2

スイッチや充電ユニットと5V昇圧ユニットをつけてとりあえず電源周りは終了。

写真 3

手作り感、満載です。

本体、USB、VGAメスジャックを載せて配線すれば本体側はだいたい終わりです。

ブレッドボードへ仮組み

ブレッドボードへ仮組みし、ちょっとプレイ。

   写真 3

乾電池駆動でも動作してくれています。ピーク電圧が不安定なのでコンデンサが必要だとわかりました。音がなると、画面が暗くなります。

写真 1

調子にのって遊んでいたら、半固定抵抗のpin が折れてしまいました。うーん、修復するかまた探すかです。

写真 2

あと、グルースティックの軸だとたわむ感じがしてダイレクト感がなくなるのでどうしようかと。それ以前に、半固定抵抗のすべりがあんまり良くないので感触が悪いです。もう少し、いい感じにすべる抵抗がほしいところ。

 

ちょっと半固定抵抗を探す旅に出ようかと思います。ジャンク屋か、家の中の何か。オーディオ製品だとたくさんありそうなイメージですが。