Mac版のオフィス2016 を6300円で買ってみた話

おはようございます。4月から、東京に在住しており今回のネタは東京から WiMax 回線でUpしています。

東京生活も、10日以上が経過。だいぶ仕事や生活にも慣れてきて、まだ部屋は多少散らかっていますがPCとネット環境はだいぶ整ってきたのでブログを再開です。3月末日のアクセス統計もUPしなくちゃですが、これはまた後日。

 

さて今回は、新年度ということもあって新しい職場に来ました。今度の職場で使用している PC はなんと osx です。windows マシンじゃないというだけでうれしくなります。僕自身は windows7 がリリースされたころから自宅では osx を利用していることもあってなんでもない普通の業務でも、非常にお仕事が楽しいです。

 

で、その職場でもオフィス製品(エクセル、ワード、パワーポイント)は使用しています。別に無くても事足りそうなんですが、マイクロソフトのエクセルやワードなんかを自宅でも使ってみようかなと思い、以前から気になっていた mac 用のオフィス製品をどこかで安く買えないかを検討していました。 windows 用のオフィス製品は安いところだと数千円でゲットできるようですが、osx 版は安くても1万ちょいします。普通に買うと3万を超えますが、windows 版と同様に、数千円ならちょっと買ってみようかなと思います。

 

結論から先にお伝えしますと、以下の製品が 約6300円で購入でき、無事にライセンス認証も出来た(ボリュームライセンスじゃなく小売ライセンス)のでメモしておきます。最後のほうには、リスクも記載してありますので、即効ポちる前によく読んでから、購入するか検討してくださいね。

 

購入先サイトは、psngames.org でググるとそれなりに情報は出てきます。2018/04 現在での購入の流れのメモとしてご参考にしてください。

Microsoft Office Mac Home and Business 2016

 

0_Microsoft_Office_2016_Home_and_Business_for_MAC

 

そもそも、windows と mac 版のオフィスパッケージは以下のような製品があり、windows ユーザであれば Office Professional 2016 があれば万能です。osx 版はアクセスがないので、それを使う用途であれば windows パッケージを選んでおけばいいのですが、僕はほとんど使わないので osx 版でいいかという感じ。そもそも、オフィス製品は無くてもいいと思っていますが、現実社会ではまだまだ避けられません。個人的には大変、嫌いなソフトウェアです。Outlook などのローカルメーラーはそもそも使わないのでまったく必要性を感じませんし。

 

0_Microsoft_Office_Mac_Home_and_Business_2016

 

以下、実際に購入してからライセンス登録するまでの流れです。

クーポンを適用すると、1万ちょいの値段から、6300円ほどに値下がりました。この値段ならポチってもいいかなと。

2_psngames_org

支払い方法は、なんでもいいですが支払うと以下のように。

1_購入ID

てっきりメールで来るのかと思っていましたが、サイトの上部にある、「My Purchases」から確認して進められます。ちなみに、メールは以下のようなものがきます。

3_Purchase

https://psngames.org/account/purchases へアクセスすると以下の Activate ボタンからウィザードのような感じで進められます。メール中にある、「LOGIN YOUR ACCOUNT」のリンクもこのURLです。

4_psngames_org

Activate ボタンを押したステップは3つ。まずは、オフィス2016 のサイトへ飛びます。

 6_psngames_org

マイクロソフトのサイトは以下です。

https://setup.office.com/

マイクロソフトのアカウントはずっと使うものなので、ちゃんとしたメールでサインナップしてログインしておきます。

キーは、Next で見えます。

7_key

このウィザードの欠点は、戻るボタンがないことですかね。UI 設計ミスってますがな。

マイクロソフト側のサイトでキーを入力して進めます。

8_Office

無事にちゃんと確認されました。よかった!

9_Office 2

で、パッケージをダウンロードします。1.79GB くらいのサイズです。ちょっとコーヒータイムでもしましょう。

Microsoft_Office_2016_16.12.18041000_Installer.pkg

10_アカウント

 

こんな感じで、丁寧にご案内されます。

11_アカウント 2

あとはパッケージをインストールするだけ。

15_Microsoft_Office_2016_for_Mac

で、完了。

12_psngames_org

ちなみに、psngames.org の「MY PURCHASES」ページから確認できる表記には、この商品は保証対象外ですって。「This item is within warranty.」おい! とあるので90日間は、保証してくれそうです。※ 編集後記 within の意味はそういう意味だと思います。

13_psngames_org

KEYは、上のリンクを押すと見えますが手元にメモして保管しておいたほうがいいでしょう。

14_psngames_org

インストールした Excel などの about からはライセンスは 小売ライセンス であることがわかりました。

16_Excel

ちなみに、アニメーション設定はもれなく切っておくといいでしょう。

Qiita
Excel 2016 for Macの遅い動作を改善する

以上、6300円で osx 版のオフィス2016 が無事に入れられました。無保証って書いてあるので、いつでもちゃんとライセンス認証が出来るとは限りませんのでリスクはあるかと思います。

ちなみに、Windows 版の Office2016 Professional は、3600円です。これが一番、お買い得感満載ですね。

3600

 

ちなみに、ひとりぶろぐ さんのところがあれこれ詳しいです。

 

ひとりぶろぐ
Microsoft Windows / Officeが全部格安の桃源郷があった!Windows 10からOffice 2016まで揃い踏み
http://hitoriblog.com/?p=48158

以上!

リスクとしては、万が一 key がマイクロソフトのサイトで通らなければ、再度 key を入手する手続きをする必要があることくらいですかね。まぁ、なんでこんなに安くできるのかはわかりませんが、key が通ってマイクロソフトに認証してもらえるならこんなに安いところはありませんのでかなりお買い得なんじゃないでしょうか。

3月末日、約2900人のお客様が遊びに来てくれました。

3月はベトナムに2週間ほど遊びに行ってきたのであまりブログは書けませんでしたが、無事右肩上がりですこしづつではありますが、ユニークユーザも増えているようです。みなさん、ありがとうございます。

201803

現在、約2900人くらいのユーザが1ヶ月に見に来ていただいているようですので、あと3倍くらいになれば1万人の読者企画も達成できそうです。伸び率が1ヶ月に、300人くらいなので、まだ1,2年はかかるのかもしれませんがマイペースでファンが増えてくれればなと。

junkhack_—_WordPress_com

ベトナム、また行きたいですね。ちょっと今度旅行記みたいなものを書いてみようかな。旅行記は何かと需要がありますからね。うまく魅力的な旅行記が書ければお客様も少しは増えるかもです。

IMG_20180320_101809

sao ビーチという所は、本当に海や浜が綺麗でした。またベトナム行きたいな~

Screenshot_2018-03-20-15-38-22

あと、やっぱり、連続企画モノのネタが人気のようで、特に9999円以下で3Dプリンターを作るプロジェクトのアクセス数が一番多いです。この企画は早めに再開しないとですね。

 

ということで、また!

Mac版のSkitchっていうスクリーンショットツールの Windows 版代替は何がいいのか?

今回のお話は、スクリーンショットの神ツールは何か?です。

 

ブログを書くと、何かを紹介するときにスクリーンショットが結構な頻度で載せます。osx では、Skitch っていうのがすごく使いやすくて(ピンクのアイコンのね)、これに固定してずっと使っています。今のところ、これが神ツールです。Windows 用のもので何かいいのはないかな~と、ずっと探しています。

 Skitch

多くは求めないのですが、採用の観点は概ね次の通り。

・狙った部分が指定して撮れること

・矢印が入れやすいこと

・説明の文字は背景に溶け込まないよう、しろ枠などで囲まれる文字であること

・モザイク処理ができること

Skitch は、このあたりが気持ちよくできるので気に入っています。

 

Windows でのスクリーンショット、何かいいツールはないでしょうかね。システム基板よりで定番だと WinShot っていうのがあります。(プライベートでは仕事気分になるのは嫌なので使いたくないです。)テキストエディタ同様、あれこれ試して結局決定打にかけて難民化しています。

最近自宅でいじるPCは、osx と 最近買ったサブノートに入れてある windows10 と7:3くらいで行ったり来たりしています。その日の気分でブログを書くPCを変えているのですが、以前から1つ困ったことがあります。それは、Windows でのスクリーンショットのツールです。

 

Windows用もたくさんあるので、絶対なにかいいのがあるはず!だとずっと探していたのですが、今回は Monosnap っていうTOOLを試してみました。

 

Monosnap for Windows

https://monosnap.com/welcome

Download Windows Version - Google Chrome 2018-04-16 23.04.54

パット見、なかなか使いやすそうです。

mac 版もあります。

Monosnap 2018-04-17 06-26-07

必須の要件はおおよそ満たしそうです。

About 2018-04-17 05.05.25 (1).png ‎- フォト 2018-04-17 05.29.28 (1)

デュアル画面のSSも問題なさそうです。

Windows で使うスクリーンショットTOOL とおまけで、ベトナムの夕日 - Windows Live Writer 2018-04-17 05.20.04 (1)

デュアル画面の一部をクロップ。問題なし。

Kindle for PC 4 2018-04-17 05.24.12 (1)

マウスがない状態で試用したのですが、とりあえずは合格点です。1つだけ、欠点は日本語入力時にインラインで出来ないことと、osx 版は日本語モードの変換が出来ず、テキストエディタからのコピペになることです。

少し弱点はありますが、とりあえず、しばらく使ってみることにします。

 

おまけ。ベトナムでの夕日。

P1330633

本当にキレイな夕日でした。1週間滞在したなかで一番キレイだったのは1日しかありませんでしたが、とても感動です。

P1330634

海沈むとき。あー、こんな写真見るとまた旅行に行きたいな。まぁ、今も東京旅行だと思えばいいか。今度の土日はどこか散策いってこようかな。長期の東京旅行しているつもりで、ブログなんかも書いてみたいと思います。

Uber Eats でドリンク1つ 40円で出前注文してみた!

注意!! これは、便利すぎて家から一歩も出なくなりそうでかなり危険ですが、快適すぎるサービスです。

なにやら、ポストにマックお届けいたします。っていう、DMが投函されていました。

IMG_20180421_142509

Uber って、サービスは知っていたので出前サービスも始めたのかってピンときました。

Uber Eats (読み方: ウーバーイーツ)

rectangle_large_e0a0d9b2eb0add6915739a700d6ccad0

 

05163537508295

プロモーションコードもあったので、500割引してドリンクを発注。夏日で、結構のどが渇いていたので調度いいやと思いまして。

 

 

Screenshot_2018-04-21-13-43-29

カード決済(ラインペイのカード)で、40円が引かれていました。

LINE_Pay_Team

で、状況も手に取るようにわかります。

Screenshot_2018-04-21-13-39-01

どうやら、15分程度で来るようです。ありがたい!

Screenshot_2018-04-21-13-38-34

配送状況なんかもリアルタイムで表示してくれます。

Screenshot_2018-04-21-13-45-04

Kotaro さんが自転車で、配送してくれてるみたいです。がんばれー!

Screenshot_2018-04-21-13-45-47

予定より早い!すばらしい、配送速度。あっという間に、ピンポーンが鳴りました。

A

これは、便利すぎます。部屋から出たくないときってありますからね。メニューもいろいろ揃っていて、マクドナルド以外にも、大戸屋のテイクアウトや、王将、ガスとなどのおなじみチェーン店のテイクアウト、ローカルフード店もあるようです。

Uber_Eats

Kotaro さんの配送は敏速だったので、当然↑です。

Screenshot_2018-04-21-13-49-21

配送手数料、380円で各種出前が出来てしまう UberEATS 便利すぎます! すばらしぃ!!

DQ7TnaPUQAAg5nJ

これドライバーってどんな感じなんでしょうね。すごく興味があります。