pandora.comの良し悪し

 

まずは、日本からだとVPN張るのが現実的かな。プロキシやトリッキーなIP Spoofingはかなり技術がいります。

ある程度速度とVPNセッションが切れずに、安定する環境っていうのが前提。帯域は映像と比べて、それほど使わないので、安定度、パケットの通りやすさが鍵。500kbps~くらいの帯域があると◎

VPNは

HideIpVPN

http://www.hideipvpn.com/premium_vpn/

ibVPN

http://www.ibvpn.com/premium-vpn.html

とか。

 

その前提で

image image

image

良さ

・老舗

・US合法(だと思うが、ネットラジオに対する著作権料の値上げなどでちょっとゴタゴタした。IP制限など)

・曲セレクトのアルゴリズムがいい(と思う)

・聴いてマーキングするとさらに好みの精度があがる。

・シンプルゆえ、そこがいい。いろいろ出来ちゃうと、音楽に頭がいっちゃうから、良質なBGMとして捕らえると良い

・ユーザが多い。

・bookmarkは意外と使える

・iPhone,iPadをJBしなくてUSアップルストアからアプリゲットできる。

・音質は◎ pandora oneは高音質にすると貧弱なVPNだと、遅いよノーマルにするね。って言われちゃう。ま、ノーマルでもいい音なんですがね。

・ローカルアプリがAdobeAIRなので、Mac OS X v10.6~か。

 

悪さ

・itunesは必ず使うスタイルになってしまう。ピンポイントで気いった曲だけ再生するのは無理。サンプル再生はOK。このあたりは、last.fmと連携する感じだね。

Pandora Enhancer 1.2.2でlast.fmにスクライブ。chromeから再生したときね。

image

・IP制限がかかってる。iPhone,ipadなど3Gエリアから使うときはそれなりにヒトテマ必要。面倒。音楽専用マシンを作ったほうが良い。(と思う)

・後発のrdioやspootifyが優秀すぎて今後どうなるか?

・USのIPを出すコストがそれなりにかかる。月5ドル~10ドル。フリーは時間制限があるが、いいところ見つければそれなりに使えるが。

・あくまでradioの域を超えてない。rdioとかspootifyとか知ってしまうと。

 

こんな感じか? 要するに、良質な自分好みのBGMを流しつつ、いい曲があればlast.fmとかと連携しつつマーキングしながら、たまらなく好きなのは音源データをGETするっていうスタイル。シンプルさと曲セレクトが最大の売りなんじゃないかな。僕は好きですね。

より音楽を探していくとなると、もう少し突っ込んだサービスがほしくなるね、それがやっぱりrdio.comとspotify.com

spotifyの良し悪し

謹賀新年

image

※5年先、どれが覇者になってるんでしょうかね。

 

2012年になりましたね。

新年明けても音楽ライフ万歳。で、早速初詣帰りにSpotifyを使い始めてみました。

まず、2800曲くらいのローカルのシンク、iPadと完了してました。24時間くらいかかった感じですかね。次からは速いのかもですね。ワイヤレスでやったので、ケーブルつなげばもっと速いと思われます。

まだ使い始めたばかりでのレビューなので、ヘビーユーザから突っ込みも入るかもですが、良し悪しなんぞを書いてみたいなと。rdio.comのアカウントもあるので併用すべきか、どっちかにするのか自分の中でも整理してみたいので。

 

良さ

・iTunesを完全に使わずにワイヤレスシンクできる。

・ローカルファイルもちゃんと参照されてクラウドに無いマイナーな曲もカバー。シンクするとiPad側にもちろんデータが行き、参照再生できる。1627trackシンクされた図。

写真 5

・デスクトップAPLの出来がよくさくさく動く。

・プレイリストが作りやすいと思う。複数曲を選択して「+NewPlaylist」にドラッグ&ドロップでOK.PlayList中の曲順入れ替えもD&D。すぐ、モバイルへ反映。

image

モバイル側でも編集可能。

写真 2

・ローカルAPLの機能を拡張するアプリが楽しい。

image

プレイリストを売るようなAPLが出てくる可能性もあるのかな?どう発展していくのか面白い。これ一般の人も作れるんだろうか?

・ローカルAPLでiTunesのプレイリストのファイルを読み込めて、すぐに反映。
image 

右クリックから、そのURI Linkをコピーしてブラウザで開くと、ローカルAPLで曲が聴ける。
image

image

ファイルをインポート・エクスポートするような機能はまだないみたい。あくまでiTunesとWMPのライブラリみたい。

ファイスブックやトゥイッターに出すこともできるみたいですね。

他も何かコラボしたり、発行したりできるみたいだけど用途は不明。

このあたり、プレイリストをファイルから吐き出せたり、読み込めたりするといいんだけど、このあたりは戦略かな。相互に受け渡せるのはだれか研究してるかも。また追って。

・last.fmから取り込みが楽に出来てる。

image

これ最近聞いてるアルバム。押すとどうなるんだろうね。

Most played albums – Last.fm

っていう、プレイリストに全部入るみたい。便利だ。

last.fmのLOVEは30こちょいしか読めないみたいだね。これはlast.fm側のAPIの制限だろうね。乗り換えしちゃえる系だね、これは。

 

 

 

悪さ

みつかりません。最強なんじゃない?

あえて言うなら、iPad専用アプリが出れば、最高。rdioのローカルアプリより僕は楽しいと思うし、ローカルファイルもシンクロしちぇえるし。なんか弱点ある? iPhone単体でストリーミングしてみたけど最高ですね。1000万曲以上入ってるのと同じ感覚。クラウド万歳ですね。

あ、あとiPhoneとかにオフラインのデータを落とす系のはまだ試してないので、そこらあたりに弱点があるかもですね。まぁ、現時点では最強っぽい印象。

支払い系の問題がどうするかが最大の難関ですね。これは。

Spotifyの支払い

 

結局、このページから

https://www.spotify.com/uk/account/subscription/change-payment/#change-country

対応してる国の支払い方法を持ってる人だけ。

 

image

PayPal のUS,or UKアカウントがうまく作れれば問題ないんだけどね。

あとAMEXは国際カードだからいけるのかも。

 

USのペイパルアカウントにJP発行のカードってNGっぽい感じか?USペイパルのLIMITが取れれば万事OKなんだが。ここまでで、とりあえず断念。あとやるとすれば、

・USペイパル口座につける、USの銀行を開設する。

・US発行のクレジットカードを作る(そんなのできるんか)

・PaypalのLimitが外れれば、他のアカウントから送金。バランスを増やす。

・Spotify PremiumのSpotify Gift Cardsが割安で買えるストアがあればなぁ。E-Bayのはちょっと割高。USでまだこのカードが買えないみたいなので、ユーロ圏で買うしかないが、その国に対応したカードかPayPalアカウントがないとNG.
https://www.spotify.com/uk/get-spotify/e-card/

image

支払の国チェックいれんなよな。面倒くせぇ。

 

ユーロ圏にいる友達でペイパル支払いして送ってくれる人に、12ヶ月のを買ってもらうか、割高でもE-Bayから買うしかないのか。

 

なんかだれか、いかすアイデアないでしょうかね。コメント希望。

Rdioの良し悪し

結局、Spotifyの支払いがクリアされず、1月2日をもって(お試しの48時間)をもってとりあえずは、お休み状態のSpotify。それに変わり、Rdio.comのほうでがしがし使い始めてるので、そっちをプレビュー。

 

ちょっとプレビュー前に、こんな製品があったのでGET.

http://www.roku.com/roku-products

image

image

 

rdioもいけるみたいで、PC,ipad,iphoneを使わずにTVで操作するためにGET。コンポジェットアナログ信号も標準でいけるようで、AppleTVよりええんじゃないかと。我が家のTVは微妙に古いのでHDMIがないんです。50ドルつったら、まぁ、使えなくてもまぁええんじゃないかっていう感じで。AppleTVをJBして入れるっていうことも出来るのかね。

そのうち届いたら、プレビューしてみますわ。

 

さて、本題のRdio.comの評価。

 

良さ

・US合法。日本も洋楽オンリーでOKにすればいいじゃんと思うが。なにか問題あるの?

http://www.musicmaze.fm/ からの曲セレクトがすごく良い。rdioと組み合わせてコレクション入り or マーキングするスタイルが定番化してきた。他人のPlayListを追うよりも、こっちのほうがいいと今は思ってる。

・iPad専用アプリがある。もちろんiPhoneも。

・WindowsXP~7 デスクトップアプリがある。MacOSXは確か、10.6~から。
image

image

・上記のストリーミング専用マシンも安く手に入る。

・iPhone,iPadのアプリはなかなかさくさく動く。AirPlayも問題なし。Ver1.3.0 and ios4.2.1での評価。

・コレクションっていう概念があって、アーティストごとにクラウド上の音楽が出る。僕はこの考え方わかりやすくて好きです。Spotifyには無い考え方。あっちは、プレイリストとスターマークが命。

・3Gでもいける。

・支払いが楽。

 

悪さ

・ローカルアプリでプレイリストを作りにくい。これはSpotifyのアプリが良すぎ。複数曲選択して、プレイリストに入れる事ができない。

・ローカルの音楽は切り捨て。あくまでライセンスが降りてる洋楽のみ。洋楽メインだからまぁOK.だけども、マイナー曲はiTunes経由で、iTunesのデータを読むプレイヤーとなる。邦楽もね。

例えば、

Stacie Orrico
Beautiful Awakening

っていうアルバム好きなんですが、まだライセンス降りてないみたい。Spotifyでもおなじだったから、まぁこれは仕方ないですね。まだライセンスが降りていないのは、アルバムで薄く表示。

image

Angie StoneのBlack Diamondも好きなのでちょっと残念。

このあたりは、ローカルのデータも扱ってくれるSpotifyがだんぜん、良いですね。

Rdioは今後のライセンスを意識してのことか? はたまた、プレイリストエディターみたいなのをリリースするつもりなのか。APIがどのくらいのことができるのかまだ調べてないけれども、そのうち調べてみよう。

 

まぁ、こんな感じか。アプリの出来はいいと思う。今後プレイリストを編集しやすくローカルアプリを作り直してくるかどうかだと思う。流れとしては、

気行ったラジオや、他人のコレクションのラジオ聞いて、気行った曲があればコレクション入り。or PlayListのLOVE(自分で作ったやつ)にマーキング。プレイリストの曲順入れ替えは、ローカルアプリか、ブラウザで。

プレイリストを作るって言うよりも、コレクションに気行った曲だけ集めていくほうがいいかんじだね。

http://www.musicmaze.fm/

で聴きながら、いい曲あったらコレクション入れる感じ。曲の選局アルゴリズムがpandoraと似てるような感じがするのは気のせいか?

 

ま、しばらくはこれで楽しみますわ。

grooveshark は、面倒なのでプレビュー省きます。ちょっとアングラっぽい感じなので、スルー。

 

iPhoneとか端末側のアプリのアイコンのセンスがいいし、アプリの作りこみも何かしらコンセプトがあるような感じでしっとり大人な感じなイメージのRdio。PlayList作りはちょっとNGだけども、まぁ、必要にして十分。悪くないと思います。Spotifyとの差別化をするために、どういう方向に流れていくのかが、楽しみ。現時点では一歩あっちに先行されてる感じですね。

mog ってのはどうなのよ

image

roku.com の対応MUSICを見てて、MOGっていうストリーミングサービスがあるのを知った。

値段はrdio,spotifyと同じくらいですね。対応クライアントにWindowsがまだ無いので少し見送り。

 

支払いとIP制限とアカウントチェックがどのくらいかによりますね。

絨毯のスピーカ

IMGP8388

ずいぶん前に、廃材のスピーカ(引越しの時に落下させてしまって、ネジ止めのところが割れてしまった)があったので、利用できないかと思案してるときに出会った絨毯スピーカ。これの発案者は、

http://ensoundspeakers.jp/?mode=f1

株式会社エンサウンド

 

すごく面白い発想だと思う。いつか自作してやろうと思って、オリジナルの音は近くに視聴できるところが無かったのでとりあえず作ってみたわけです。スピーカの自作はだいたい、筐体に木材を使ってBOXの形を作るわけですが、この絨毯スピーカってやつは、絨毯などソフトな素材を丸めて筐体を作るっていう面白すぎる発想なスピーカなんです。

 

今回製作にあたり、

・天つり式にしたい

・なるべく安く作りたい

・スピーカユニットは手持ちのジャンクのJBLの2ウェイタイプ。本当はフルレンジ1つのが次に作ってみたいんですが。

 

じゃ、ちょっと作る過程を紹介。

材料

・絨毯 2枚 ニトリでゲット。80cm幅の1000円未満だったと思う。

・ロープ 100円均一 適量

・ゴム製のひっかけるタイプのバンド なんていう名前なのかわからないけど。

・天つりに支点に フリーのボルト

・両面テープか、マジックテープ 自分は両面テープつかったけども、マジックテープがいいかな。

 

まず、こんな感じにロープをスピーカにくくりつける。

IMGP8364

 

こんな感じのを2つ作って

IMGP8362

穴にロープを通す。で、スピーカにくくりつける。

IMGP8363

 

で、スピーカの軽に合わせて絨毯を丸める。仮止めしておく。

天つりの支点のボルトを程よく、かなのこ(100円均一でゲット)で切り、ナット&ワッシャーで絨毯の上部に穴を開けて貫通させる。

IMGP8369

IMGP8375

内部にスピーカコードを通して配線。スピーカ端子とかつけておくと、後から便利かな。

で、あとはスピーカにつけたロープとこのボルト支点にゴムバンド(両端にひっかけるのが着いたのがホームセンターで売ってるので)それでスピーカを固定。

あとは、絨毯の巻きの終わりに、両面テープかマジックテープ。

IMGP8378

 

この作り方なら、バッフル(スピーカを固定する板)も必要ないし、ネジドメしないのでどんなスピーカでも対応できる感じ。

 

アンプは、車用で長らく保管していた、かなり昔のイタリア製の熱いアンプAUDISON VR209。110Wx2もあるんですが、まったくそんなに必要ないかなぁ。まぁ使ってないなら使いましょうよっていうことで。

電源はPCのスイッチング電源のジャンクから300Wか250Wくらいのちっこいやつ。まぁ、なんともあまりモノですが、そこそこ悪くない(というか満足してます)音が出てます。リビングにある、ちょっと贅沢なシステムより良い音が出てるのにまずびっくり。

 

・箱なりがしない

・共鳴する周波数での、特定の音が飛び出してくる感じがない。

・意外に低音が歯切れよく、8cmか10cmくらいのユニットなのに出る。

・ボーカルものが好きなんですが、すごく気持ちよくなってくれる。

 

ということで、材料費3000円未満でかなり安く上がってコストパフォーマンス最高なスピーカの出来上がり。スピーカユニットを違うのに変えて、また作りたいなって思ってます。このシステム作ってから、16cmは要らないなって思いました。

・スピーカは10cmくらいのフルレンジでいい

・天つりは有効(レイアウト的に空間が有効利用される)

・筐体の大きさは幅80cmあればかなり低音出る。SPユニットにもよるんだろうけど自分には十分。

 

次作るなら、
[Markaudio] CHR-70v3 Gold (ペア) 8500円くらい

image

10cmアルミコーンフルレンジユニット
再生周波数:65Hz~25kHz
Fs:65.4Hz
インピーダンス:8Ω
音圧レベル:85.4dB
許可入力(通常):20W
許可入力(瞬間):-W
Vas:5.17L/Qts:0.55/Qms:2.66/Qes:0.69
重量:0.51kg

 

 

Markaudio] CHP-70 Black Chassis(ペア) 8500円くらい

image

10cmペーパーコーンフルレンジユニット
再生周波数:66Hz~18kHz
Fs:66Hz
インピーダンス:4Ω
音圧レベル:85dB
許可入力(通常):20W
許可入力(瞬間):-W
Vas:5.0L/Qts:0.572/Qms:3.114/Qes:0.701
重量:0.49kg

 

麻布オーディオWeb店

http://www.ritlab.jp/shop/product/speaker/index.html

 

がちょっと気になる。1万くらいで作れる感じですね。時間があれば作ってみたいな。ペアで5000円未満のユニットでも、なかなか良さそうなのがあるので、かなり迷いますね。

5.1チャンネルシステムにそのうちグレードアップさせる布石としても、あと2本作る価値はありますね。