I2Sというのに手を出してみる事に

RasPi2 も電源を付けることがだんだんと少なくなってきていますので、ここらでちょっと使い方を変えてみることに。

I2C を調査しているときに、I2S というキーワードも目に入りました。寄り道して散歩していると、なにやら 音関連のようです。どうやら、DAC を USB 経由じゃなくて、I2S インターフェイスを使ってやり取りしてDA 変換するものとのこと。こうして音だしすると、びっくりするくらい音が綺麗というじゃありませんか。

 

I2S するのは、以下のようなのが定番のようです。RasPi の GPIO ヘッダーにかぶせるタイプです。TI のチップである、PCM5122という 32bit のDAコンバータが載っています。

HIFI-DAC-I2S

お値段も手が出る範囲ですし、一回自分の耳で聞き分けれるかどうか、試してみたくなりました。今は、osx から内臓の音出力を使ってデジタルアンプに出しているだけのシンプルなものです。これでも、かなり気に入っていますが、果たしてよくなるのでしょうか。いや、良くなったしても自分の耳で判別できるでしょうか?

 

外付けで、音専用マシンとしてPCを付けなくても鳴らせるようにデジタルアンプも安いものですが購入してみました。こちらも、TIのチップ、TPA3116D2が載っているようです。電源は安定化電源から取る予定。

amp_TPA3116あと、アンプとRasPiをつなぐ短いRCAケーブルもゲット。ま、普通のビデオ線のあまりでもよかったのですが、それっぽい雰囲気を出してみたかったので。

 rca_cable

トータル50ドルほどです。スピーカーは今ある自作の天つり式のじゅうたんスピーカーです。さぁ、どんな感じになりますでしょうか。みんなオーバーにブログで言っているだけなんじゃないかと思っていますが。そんなに変わらないでしょう?

Rdio が Pandora 傘下へ

ずっとRDIOは楽しんでいるのですが、最近はモバイル端末で聞くことも少なくなってきて1年くらいまえから無料版にしました。無料版は曲間にコマーシャルが入るのですが、Rdio 自体のロゴが出てきたので、キャプチャー。

 

LOVE_Rdio 

青いバージョンのもあるようです。で、なんでRdio 自体の事言ってるのかなぁと思ってサイトを見たら(普段は曲だけ流して画面はあまり見ないので)

LOVE2_–_Rdio 重要なお知らせって何? と思ってたら、なんと、なんと、Rdio は、Pandora に買収されるようです。

Important News From Rdio

うーん、非常に残念ですね。RDIO のインターフェイスやデザインセンスはすごく好きですので、pandora 傘下になってどうなるんでしょうか。いい方向に進むといいのですが。

 

しばらくはサービスが継続するそうですが、この a のロゴは今後もう見れないことになります。残念ですね。今、サブスクリプションで有料会員の人は、11/23 ( 月 ) に自動的にキャンセルされるようです。今後は、pandora の料金体系に入るのかな?

 

アプリや楽曲のインターフェイスなど、基本的なテクノロジーをpandora はそのまま使うだろうと予想されるので、ユーザはそう変わらないのかもしれません。

 

難しいジャンルに挑んだ Rdio の挑戦はとりあえず幕を下ろしたことになります。2011年の12月に存在を知ってから(創業は2009年)、4年です。残る覇者は、Spotify ですか。今後は、Pandora vs Spotify vs LastFM vs etc という図式ですかね。最近、オンラインストリーミングのサービスは調査していませんので、いろいろあると思いますが。

 

インターフェイスのキャプチャーをサービスが終了する前に撮っておきますかね。もうi-phone や アンドロイドなどのモバイルアプリはダウンロードできないので、PC のみですが。

デジタルアンプ採用

長年使っていた車用のVR209の片側チャンネルがかすれてノイズが入って音楽が聴けない状態になってしまったので、安いデジタルアンプを使ってみました。

Tripath製●TA2021B搭載 デジタルアンプ PCIカード(上位モデル)_画像1

 

Tripath製●TA2021B搭載 デジタルアンプ PCIカード(上位モデル)_画像2

Tripath製●TA2021B搭載 デジタルアンプ PCIカード(上位モデル)_画像3

株式会社NorthFlatJapan

2980円なので、まぁ期待せずに購入。

 

これが大当たり。期待を上回る音質。低音はそれほど強くでないんですが、きれい。十分に聴ける状態になりました。技術の革新お見事ですね。

イコライザで低音を少しブーストして聴いてます。価格とかじゃないですね。コストパフォーマンス抜群。もうね、JBLのジャンクスピーカとPC再生環境+このアンプで占めて、15000円未満。この音質は手に入らないかと。

 

VR209は今度分解して修理できそうか見てみることに。