ChromeBook(CloudReady)を使ってみた

ChromeBookのクローンなCloudreadyを久しぶりに入れてみました。

CloudReady

入れたバージョンは、cloudready-free-78.4.3-64-bitです。最近、なかなか有効活用できていなかった中華ノートPC(2年前にゲットしたOndaXiaoma21)に入れました。

もっと薄くて軽いノートがいい!良さげなのは何?

この記事もそのノートブックから書いています。以前も入れたのですがその時はうまくドライバーが当たらなくて、ちょっと使えなかったんですが今はもう大丈夫みたいです。

インストールディスクもchrome からできるんですね。

1

ちょっとだけ使った感想といえば、軽い作業をするときなら、これでもいいかなっていう感じですね。YouTubeみたり、ブログの小ネタを書いたり。レビュー待ちにしておいて、メインPCから最後に編集をするっていうのもありかな。思いついたときに少しでもネタを書いておく、そんな使い方ができそうです。

Wifiや、USBイーサネット、トラックパッドも動作しますね。やっぱりOSが軽いのがいいです。

Screenshot 2020-03-13 at 04.38.15
これストレージ部分なんですが、7.4GBしか使っていないんですよね。このノートPCはスペックがかなり低いんで、(CeleronN3450)ちょっと頼りないんですよね。
 
ということで、しばらく使って見るかもしれませんが、Linuxサーバに入れ替えて使うかもしれません。
 
上の画面に、Linux(Beta)ってありますがこれLinuxシェルが動くんですよね。APTコマンドでパッケージも入れられるようです。
Chromebook で Linux(ベータ版)をセットアップする
https://support.google.com/chromebook/answer/9145439
なかなか面白いですよね。とりあえず開発系ツールを入れてみました。
 
sudo apt-get install build-essential
 
おー、入りましたね! これは使える!
root@penguin:~# which gcc
/usr/bin/gcc
root@penguin:~# which make
/usr/bin/make
unixbench を入れてスペックを見てみることに。
cd /usr/local/src
git clone https://github.com/kdlucas/byte-unixbench.git .
cd UnixBench/
./Run
Screenshot 2020-03-13 at 05.04.55
そういえば、このノートPCはベンチマークは測っていなかったですね。どのくらいいきますでしょうか。
Benchmark Run: Fri Mar 13 2020 04:59:14 - 05:27:48
4 CPUs in system; running 1 parallel copy of testsDhrystone 2 using register variables 17348529.8 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 2870.3 MWIPS (9.9 s, 7 samples)
Execl Throughput 958.5 lps (29.6 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 59276.0 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 15113.5 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 206562.1 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 118457.3 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 17282.5 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 1073.7 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 2382.5 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 690.1 lpm (60.1 s, 2 samples)
System Call Overhead 85276.5 lps (10.0 s, 7 samples)System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 17348529.8 1486.6
Double-Precision Whetstone 55.0 2870.3 521.9
Execl Throughput 43.0 958.5 222.9
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 59276.0 149.7
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 15113.5 91.3
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 206562.1 356.1
Pipe Throughput 12440.0 118457.3 95.2
Pipe-based Context Switching 4000.0 17282.5 43.2
Process Creation 126.0 1073.7 85.2
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 2382.5 561.9
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 690.1 1150.1
System Call Overhead 15000.0 85276.5 56.9
========
System Benchmarks Index Score 216.9------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Fri Mar 13 2020 05:27:48 - 05:56:52
4 CPUs in system; running 4 parallel copies of testsDhrystone 2 using register variables 58472149.7 lps (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone 8977.0 MWIPS (12.4 s, 7 samples)
Execl Throughput 2755.6 lps (29.8 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 83580.6 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 22643.0 KBps (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 295053.1 KBps (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput 400269.0 lps (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching 89129.1 lps (10.0 s, 7 samples)
Process Creation 5018.7 lps (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent) 5343.7 lpm (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent) 760.5 lpm (60.2 s, 2 samples)
System Call Overhead 276590.2 lps (10.0 s, 7 samples)System Benchmarks Index Values BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 58472149.7 5010.5
Double-Precision Whetstone 55.0 8977.0 1632.2
Execl Throughput 43.0 2755.6 640.8
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 83580.6 211.1
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 22643.0 136.8
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 295053.1 508.7
Pipe Throughput 12440.0 400269.0 321.8
Pipe-based Context Switching 4000.0 89129.1 222.8
Process Creation 126.0 5018.7 398.3
Shell Scripts (1 concurrent) 42.4 5343.7 1260.3
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 760.5 1267.5
System Call Overhead 15000.0 276590.2 184.4
========
System Benchmarks Index Score 542.3
 
542ですか!(笑)raspai くらいですね。ストレージがeMMC なんでこれをM.2のにすればもう少しスコアは出るかもしれません。
 
もう少し早いPCに入れたら実用的かもしれませんね。ChromeBookも悪くないですね。macosが今のところ最強だと思っていますが、これは軽いマシンに入らないので、そういう場合はChromeOSっていう選択肢はありですね。
Linuxのシェルが使えるのは最強だと思います。コマンドオプションも普段使い慣れたものが使えますしね。mac はGNU版じゃないと、微妙にオプションが違うので、ちょっと使いにくかったりします。
 
いやー、これは使えるかもしれません!良い発見をしました。やっぱりいろいろ触ってみるもんですね。

お気軽にコメントどうぞ〜!