10nm時代まで待てないな、2019年春先に14nmのCore i9 9900Kを買って、オリンピック終わりごろに安定する10nm のCPUが出るまで使うことにするか思案中

実は、ずっと10nm のCPUが出るまで頑張って今の22nm CPUの i-7 3770 を使っていたのですがどうやら、10nm のCPUまで待てそうにありません。

「Intelは難航する10nmプロセスを中止する」という情報、Intelは速攻で完全否定 – GIGAZINE

14nm のチップは、「Broadwell」「Skylake」「Kaby Lake」「Coffee Lake」と続いていてそろそろ、10nm チップか?と期待し続けて我慢してたのですが。

i-7_3770.jpg22nm の i-7 3770 のCPUは、2012年の夏前くらいに購入し、今現在もメインで使っています。丸6年以上使っていますね。仕事で使っているので、もう完全に元はとりました。これ以上使うのは、効率が悪いので少しでも速いCPUに交換したいところです。

10um が安定供給され価格がそれなりにこなれる時期は、おそらく2020年のオリンピックの時くらいになるのかなという感じ。

ASCII.jp:あと1年は10nm製品を投入しないと明言 インテル CPUロードマップ

なので、あと2〜4年はメインマシンで使えるCPUを来年の春先に向けて調達することにしました。最大の候補は、これ。Core i9 9900K です。

1-procesor-9-generacji.jpg

まだ出始めなので、価格は6.6マンほどしています。あと品薄なのですぐ調達は無理っぽいです。CPUは出てから約6ヶ月ほどで価格と供給が安定するんですが、今回はどうなんでしょうか。2019年の年末までは品薄になるとか記事があります。

コスパ重視だと、i5 がいいんじゃないかなとも思いますが。どうしますかね。Ryzen のCPU でIntel の 10nm が出るまでお茶を濁すというのもありかもしれません。Ryzen の CPU が候補から外れている理由があるんですが、それはまたの機会に。

・・・ちょっと時間がなくなったので、金の夜か土日に続きます。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください