ダイソンよりコスパの高い、Dibeaのコードレス掃除機をポチった

そろそろ年末の大掃除季節です。掃除しなくちゃですね。

一人暮らしの部屋で、半年以上コロコロで掃除してたんですがそろそろ吸える掃除機がほしいなと、物色。自転車を中に入れてメンテナンスするので砂とかコロコロでは掃除しきれないんですよね。

自宅では、Dibea の C17 という型番のを使っています。それを後継バージョンでしょうか、D18 という型番のがありました。

Dibea_D18_Protable_2_In_1_Handheld_Wireless_Vacuum_Cleaner_Cyclone_Filter_8500_Pa_Strong_Suction_Dust_Collector_Aspirator-in_Vacuum_Cleaners_from_Home_Appliances_on_Aliexpress_com___Alibaba_Group.png

C17 というのはこれ。

Aliexpress_com___Buy_Dibea_C17_Portable_2_In1_Handheld_Wireless_Vacuum_Cleaner_Dust_Collector_Household_Aspirator_With_Docking_Station_Sweeper_from_Reliable_wireless_vacuum_suppliers_on_Dibea_Official_Store.png

どちらも、モーターヘッドが付いていて先端の部分はモーターでブラシが回る仕組みです。C17のは一回、本体側を全部バラしてみたんですが直流のCLASS 120 90Wモーターが付いていました。この時ばらしたのは、半田付け不良でメインモーターが回らず数秒で電源が切れるという現象でした。バラしたら、モーター側の半田不良で接続が取れていました。赤いプラス線の端子の半田ががっつり取れてました。まぁ、こういうところは中国製ですね。ただ、分解しやすいのでそのあたり、この掃除機は良いです。ダイソンのはバラしにくいです。C17 のもっと詳細はここが詳しいです。

で、外観から見える違いはホースの色が赤かゴールドかというあたりと、他のスペックはほぼ同じです。吸引力は今回買ったD18 のほうが数値は高いようですが、まぁ誤差の範囲かと。

Detachable_Electric_Dust_Mites_Suction_Head_Vacuum_Cleaner_Attachment_for_Dibea_D18-in_Vacuum_Cleaners_from_Home_Appliances_on_Aliexpress_com___Alibaba_Group.png

あと、11/11 の時とほとんど値段は変わりません。送料無料です。この布団やベットをクリーニングするモーターヘッドも安かったのでゲットしておきました。左側にモーターが入っています。2000回転で回るようです。

ダイソンの掃除機のほうが流体力学というかサイクロンの流れが計算されていてより強いイメージはありますが、値段が倍以上違うのでこれで満足しています。Dibea っていうメーカーはパーツも別売りしていますので、長期的に見て部分的に交換することも可能なんで良いかなと。

改造ポイントとしては、モーターをラジコン用のブラシレス三相に買えて、より高トルク・高回転数にするっていうのも面白いかもしれません。4370KVを22Vで回せば、96140rpm くらいになりそうです。定格は、12V なんですぐぶっ壊れそうですが。理論値ダイソンのモーターは11万回転くらいするようですしね。サイクロン式ってのはトルクより高回転数が有利なんでしょうかね。吸引力なんでトルクも大事なんじゃないかと思いますが。5マン回転くらいでもええんじゃないでしょうかね。

気になりますね。(笑)

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください