DreamSourceLab のオシロスコープ DSCope20

USB オシロスコープでそこそこ安くて、性能がよさそうでかつ小型のもので、さらにソフトウェアがかっこいいものを探していたところ、以下のようなのがひっかかりました。

Order DreamSourceLab という KickStart プロジェクトのものでこのバージョンは後継バージョンのものです。スペックは、以下のような感じ。

Analog Bandwidth:
50MHz
Max Samplerate:
200MHz @ 1 Channel
100MHz @ 2 Channels
Max Sample Depth:
1M(real-time mode)/16M(single mode)

 

199ドルとありますがアリエクでは、

DSCope20_DSCope_Oscilloscope_Portable_CVMO_50_M_Bande_Passante_200_M_Samplinmg_Taux_Double_Canal-in_Connectors_from_Home_Improvement_on_Aliexpress_com___Alibaba_Group

1万ちょいで買える値段です。ソフトウェアは、sigrok がベースになっているオープンソースでマルチプラットフォーム対応です。

Download

GitHub の URL はhttps://github.com/DreamSourceLab/DSView

インターフェイスは、sigrok とは少々異なり、オシロスコープ専用画面があります。

デモンストレーション画面で、手持ちのosx と win10で動作させて確認しました。

ss

16チャンネルのロジックアナライザーの機器もあり、これが約7000円ほどです。8チャンネルの 25Mhz のもので用は足りているのでこれは見送りです。ポケットタイプの、DSO203 Miniもいいよなーと思っていますが、先日買ったDS0150 15001Kを使ってみて満足できないときに、また検討してみたいと思います。

Best_price_DSO203_Mini_DSO_Pocket_Size_Digital_DS203_Oscilloscope_High_Quality_Best_Service_on_Aliexpress_com___Alibaba_Group

アナログな波形で見たいものといえば、スイッチング電源の波形です。たとえば以前作ったバックブースト(BackBoost)の電源に使った、TPS63000のスイッチング周波数は、1.25Mhz ~ 1.5Mhz で動作しています。これを観察するには、例のおもちゃのオシロじゃ無理で、100khz くらいのスイッチング電源しかみれないわけです。うーん、まぁまた休みが明けてしまえば忙しくてそれどころじゃなくなるわけですが、、、

 

もう少し、考えてみたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください