迷いまくって、DSO 112A をポチッた

スイッチング電源回りの波形を見たいので、1Mhz 前後まで見れるもので安くていいのはないかなといろいろ検討した結果、以下にしました。またおもちゃのようなものをポチってしまったわけですが、今度のは前のより性能がいいんですよ。この写真は、1Mhz 10mV 信号です。

HTB1OeWAdRLN8KJjSZFpq6zZaVXa6

先に購入した、DS0150 15001K と同じ会社が作っているものです。アリエクで5400円ほどでした。

DSO_112A_TFT_Portable_LCD_Digital_Touch_Screen_Oscilloscope_Mini_USB_Oscilloscope_Interface_2MHz_5Msps-in_Oscilloscopes_from_Tools_on_Aliexpress_com___Alibaba_Group

スペックは以下です。

JYE_Tech__DIY_Oscilloscopes__DIY_Kits_for_Hobbyists 

決めたのは、スタンドアロン型でありポケット式だけども、感度がすごくいいし、かつ2Mhz も十分観測できる性能のようです。

DSO112_-_Oscilloscope_with_Touch_Panel_-_Basic_Operations_-_YouTube

YouTube にこのメーカーの人が撮影したデモビデオがあるんですが、ちゃんと2Mhz の波形も見れています。このオレンジ色のは前の廃盤になったもので、DSO112 というものです。今回のは、それが新しく設計されたDSO Coral 112A というもののようです。
また、カタログスペック上は、2mV/Div – 20V/Div の感度があるので微弱な信号も見れそうです。他の製品は10mV くらいだったのでもうこれでいいじゃんという事に。最初みたときは、形があんまりかっこよくないなと思いましたが、実は中はそれなりにいい製品のようです。

 

リチウム電池の充電式なので、改造の必要もなく届いたらすぐ使えそうです。左側は、テスト波形が出せるようです。チャンネルは1チャンネルです。

DSO203 Quad とも迷っていましたが、値段が3倍くらい違うのでこちらにしておきました。ということで、今年は自作プロジェクトも少しは進めていきたいです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください