今年もアリエク11/11で買い物

また今年も 11/11 のアリエク祭りでポチってしまいました。

昨年の11/11は、何を買うか迷っているうちに結局、まぁいいかという感じで祭りに圧倒されて結局、値引きとは関係ないオレンジパイをポチッたんわけですが、今年はちゃんと買うものを下調べしておました。

 

ずっと欲しかったのは、アンドロイドウォッチです。中国製のスマートウォッチはデザインがいまいちなのが多くて、ベルトをカスタムするのを前提にいろいろ迷ったあげく、以下のをぽちりました。LEMFO LEM5 Smart Watch

 

LEMFO-LEM5-Android-5-1-MTK6580-1GB-8GB-Smart-Watch-Phone

リリースされたのは最近で、11,915円でゲットしました。11/11が過ぎた今でも、¥12,868 で買えるようですから、たぶん、少し待てば1万以下になるとは思います。黒とステンレスのものがあり、ポチッたのはステンレスのタイプです。ベルトがどう見てもダサいと思うのは自分だけでしょうか?

HTB1xclzNVXXXXcjXXXXq6xXFXXXj 
HTB15EETNFXXXXbWapXXq6xXFXXX8

HTB1fkVrNVXXXXbKXpXXq6xXFXXXw
HTB1USxlNVXXXXXPXFXXq6xXFXXXy
手元にきて、ベルトの交換サイズがわかったら何かかっこいいステンレスのベルトに買い換えようかと思っています。ポチッた要素は、400×400 の ディスプレイとメモリが RAM1G,ROM8G で裏蓋もステンレス、ベルト交換でき、アンドロイド5.1 というところでしょうか?

オフィシャルサイトは、こちら

ちょっと前までは、FINOW X5(良くわかる参考サイト)にしようかと思っていたんですが、11/11直前でリリースされたこちらに軍配があがりました。

一昨年は、アンドロイドウォッチじゃないのを8000円くらいで買うか踏みとどまりましたが、まぁ1年待った甲斐があったようです。ちなみに、アップルウォッチが11,111円で買えなかったという反動もあります。

softbank1111

ほんと、どこにもありません。気がつくのがもう少し速ければゲットできたのかもしれませんが。まぁ、携帯もアンドロイドだし、親和性もあるからいいかということで。

 

あと今回のメインは実はこっち。

通勤用に使っている電動自転車を2台にすべく、1台分のパーツをゲット。今度のは、mid drive です。8FUN 48v750w mid drive motor BBS-02B というのが製品名称かな。

HTB1JoL7LXXXXXXxXFXXq6xXFXXXY

MID Drive は、モーターがクランク部分に来るタイプのもので、タイヤを交換しやすく、かつこぎ心地が自然というらしい代物です。コントロールするユニットは、850C/DPC14というタイプの3.2 inch IPS ディスプレイのものです。仕様書によれば、IP65 (water proof)相当の防水のようです。この動画見てて、起動時にパスワードが出るので、メインスイッチの鍵タイプのキースイッチはいらないやと思い、それはキャンセル。こういう、鍵でメインスイッチになりアクセルスロットと電圧系が一体式になっているものです。12-100v-twist-throttle-Accelerator-with-Led-digital-display-indicator-lock-for-electric-bike-scooter-mtb

パスワードを解くのが面倒だったらどっかにメインスイッチを付けるかもですが。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=XJD-kniFgnI]

このユニットは、アドバンスモードで、スピードリミットやアシストレベルも設定できるようです。

 

あとの買い物は、電動自転車を作るパーツをあれこれとゲット。

これは、油圧式のブレーキのセンサー。ノーマル部品には機械式のワイヤーのブレーキセンサーがあります。油圧式には使えないので。

BAFANG-Hydraulic-Brake-Sensor-BBS01-BBS02-BBSHD-Brake-Sensor

磁気センサーを油圧の稼動部分につける感じに取り付け。磁気センサーです。磁石は両面テープのようです。

HTB1.qcuKVXXXXaKaFXXq6xXFXXXb

これは、ずっと探していた油圧ブレーキにしたときのホースをつけるパーツ。やっと見つけました。

HTB1OroGKVXXXXXuXpXXq6xXFXXX8 HTB1e23kKVXXXXbAaXXXq6xXFXXX9

他、53T のフロントスプロケットと、MID Drive に付けるパーツ。ノーマルパーツだと46T なのでトップスピードを上げるために交換。チェーンガードと一体式なので、かっこいいかと。4結タイプとこの5結タイプがあります。5結をセレクト。58T というのもありますが、とりあえず53T で。TB28wBycVXXXXbxXXXXXXXXXXXX_!!60377322 HTB1qtYaJFXXXXcjXFXXq6xXFXXX5

それから、ずっと探していたゴールドタイプのリヤスプロケット9速(¥ 2,566)。このゴールドのスプロケットは普通に買うと高くて、なかなか手が出せなかったもの。それと、ハブがゴールドの26インチ交換用前後ホイール(¥ 6,157)。どちらもは送料込みです。ホイールは人気があったよで、売り切れたようです。まぁ、どんなハブが使われているかはわかりません。

HTB1XCeOKXXXXXbyXpXXq6xXFXXXS このスプロケットはばらばらになる高級品タイプのようです。

HTB1RuPjMVXXXXc0XFXXq6xXFXXXQ

クイックリリース(¥ 741)も忘れずにゲット。ゴールド+黒がこのマシンのカラーです。

HTB1sz2UNXXXXXX4XXXXq6xXFXXXR まだ続きます。ディレーラーハンガー(¥ 177)。アマゾンで買うと、980円するのよね。構造的に折れやすいみたいで、忘れたころに折れるので予備に買っておきました。15年の間に2回折れています。フレームは長年使っているわけです。いつか、フレームはカーボンにしてみたいところ。高すぎて手が出ません。

HTB1gNRGIpXXXXb_aXXXq6xXFXXX0

 

どんどん、ポチります。

今も付けているんですが、超明るいLEDライト、電池付き(¥ 1,782)。冬場は日がすぐに暮れますので、点滅して走っています。5000ルーメンの明るさがあるようで、ほんとにかなり明るいです。このくらい明るくても、歩道に自動車が突っ込んできたり、横断歩道で轢かれそうになりますので、必需品。1時間から2時間くらいのライドで電池は切れます。行きは明るいので、帰りだけならこれでOKです。

HTB1Dcs.KFXXXXc0XFXXq6xXFXXXK

次は、サドル(¥ 2,386)です。かっこいいのは、おしりが痛いし、ママチャリみたいな大きいのはかっこ悪いので、その妥協できる中でもセレクトです。今も同じものを使っていますが、1時間くらいのライドなら、たちこぎも含めてなんとか痛くならない感じです。通勤時にサイクルパンツなんてはけませんからね。更衣室があるなら別ですが。欠点は雨に濡れると、しっとりすること。

MTB-Mountain-Bicycle-Saddle-29-17cm-Bike-Front-Seat-Mat-Cycling-Saddles-Seat-Cushion-seat-for

残るは、メインバッテリーです。48V電源の20AH くらいを買うと4万はするので、10AH のを自作することに。ここはかなり迷いましたが、結局、10000mah の板タイプのリチウム電池を14枚(14s)使って、定格出力51.8V (フル充電最大:58.8V)の電源を今回は作ります。

往復25km 片道12.5km の道のりで、今は250w のモータに、8ah の 24V 電源でなんとか往復できています。750w のモータといっても、全開出力するわけではありませんから、10ah くらいでいけるんじゃないのという感じです。足りなければ、重量と相談でもう少しバッテリーを大きくするつもりで、最初は少し小さめに作りました。

バッテリー自作派は2つの方向があり、 18650 タイプのリチウム電池を使う派と、タブレットの中に入っているような板タイプのリチウム電池を使う派とあります。18650 タイプだと、51.8V を作るのには 最低14本 必要ですが1本は2000mah から 2500mah くらいなので4本を並列にする必要があります。すると、14本 x 4並列で56本の18650 タイプが必要です。値段は、1本200円だと11200円、300円だと16800円となります。重量や配線の観点から板タイプのシングルセルに軍配があがり、充電管理の面からも4本1セットとしないシングルセルのほうが電池にやさしいです。ということから、なるべく安くて、容量が大きくてバランスのとれたリチウムポリマーバッテリーを探しました。あと、LiFePO4(3.3V:MAX3.7V)を16S使うのは重量の面からやめました。アリエクだとこういうもの。

アリエクから板タイプのリポを探すときは、厚み x 横 x 縦 のサイズで探します。検索は難航しましたが、なんとか1065113というタイプの 10000mha のが良さそうとわかりました。他、9068135P 15000mahというのも迷いました。あと5年もすれば、電池はたぶんかなり進化すると思うので、今必要なのを最低限使うのがいいかなと。

BMSは14S のを取り付けますので、保護回路はいりません。以下のようなシングルセルをゲット。¥ 2,372 x 7 = ¥ 16,598

HTB1tfldLFXXXXcnXXXXq6xXFXXXr バッテリー専門店で、本当にリアル容量が10000mah ということのようですが、さてどうなることやら。これに BMS を付けます。

 

HTB1R1DYJpXXXXc.XXXXq6xXFXXXU 

あとは、このバッテリーを入れるバック(¥ 934)です。黒色のものをセレクト。このバックは今も使っていて、なかなかしっかりしているのと手ごろな安さのバランスがいい感じ。プラスチックケースや、アルミのボトルタイプもありますが、いずれもボトルホルダーのネジに固定するので不安定で振動がハードな乗り方をすると、最悪外れます。実際外れた経験があるので。

HTB1u8C3LpXXXXa1aXXXq6xXFXXXH

他、充電器や、小物を少々。

面白いものとしては、効果があるかどうかはわかりませんが、タイヤとチューブの間に入れるパンク防止のフィルムです。

HTB1y2W_NpXXXXaaaXXXq6xXFXXX5

どのくらい効果があるかはわかりませんが、MICHELIN(ミシュラン) WILD RUNNER BLK 26X1.4 のスリックタイヤがよくパンクしてたので、ちょっと試すことに。1年に5回はパンクしていたので、効果があればわかるはず。700c 用の 25mm 幅のと 26インチの 40mm 幅のをゲット。(¥ 656 x 2セット)

ディレーラーは日本でshimano のを amazon で買ったほうが安いので、9速用のシフトレバーと、リアディレーラーは以下を。これでグリップシフトからさようならです。ずっと替えたかったのですが、なかなか機会がなく、リアディレーラーは昨年、ハンガーが折れたときにリアホイールに巻き込まれ大破。グリップシフトだけ使っていました。15年間ありがとう。自転車って最後まで使えるのは、結局フレームとシートポストと、ハンドルくらいのもの。後は、だいたい壊れるか交換したくなる。

 

SHIMANO ALTUS RD-M370

71PjAWVEMML._SL1500_

SHIMANO ESLM370RAL BK シフトレバー右

41diqFQ0vqL

グリップは、以下のをつけることに。スポンジタイプのやつです。

HTB13hpMIpXXXXaDaXXXq6xXFXXX8

 

あとは、 ペダルやら、半田やら、ディスクパッドの交換部品などなど小物を購入。年末には取り付け作業して新年度から乗り始めですかね。

これで2台、移動手段が出来るのでその日の気分で乗れます。ということで、1台にはカゴを付けることにしました。

MTB に合う前カゴなんてあるのかなと思いましたが、以下のようなのを一回付けてみることに。

DOPPELGANGER バイクシェルパ(¥ 2,709 )61UGJP4hi1L._SL1200_

黒がよかったのですが、5400円したので、銀色に。まぁ、塗装するか、底に板張りでもしてカスタムしてみることにします。冬はいいんですが、夏はリュックやメッセンジャーバックをカゴに入れたくなりますからね。暑いんですよね。

実際にとりつけるとやっぱりかっこ悪いですかね?まぁ、実用性とかっこよさを両立するのは難しいんです。

 

ミッドドライブの 750W モーターは、YouTube によれば、50km/h 以上出るようです。まじですか?ロードレーサータイプだと80Km/h以上だしている映像もあります。油圧DISK ブレーキ必須ですね。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=rs3MwYfEvro][youtube https://www.youtube.com/watch?v=5NQAZSzJdrc]

自転車は下り坂では、56km/h くらいは自重で出ますが、平地での50Km/h は相当脚力がないと無理ですから気持ち良さそう。がんばれば、MTB でも人力で出ますが。まぁ、リミッター24km/h でも十分気持ちいいし、冬は寒いのでゆっくり走るのがいいですね。自転車は、20-30km/h でヘルメットをかぶらずに風を感じる最高の乗り物だと思います。ガス代もかからないし、エコですし、駐車禁止の違反もまずとられないし。有料駐車エリアでも100円ですし。

 

さて、また交通費を1年間ためて、来年の11/11 に何か買いますか。来年はいよいよ、カーボンかチタンフレームになるかも。

あるいは、MID Drive の極小モータを入手してパット見電動じゃなさそうなのを作るか。これ作ったら日本でもめちゃくちゃ売れると思うんですが。既存のBB に入れるモータは少し小さいので、どのくらいのトルクが出るのか。部品はアリエクにあります。

HTB1OcRZOXXXXXaJaFXXq6xXFXXXS

電池を入れるフレームは自作しないとだめかもですが。となると、アルミ溶接ですか。

うーん、はまりそう。

e-ink 2画面の yotaphone を Lollipop にした備忘録

IMG_20161115_035207_1

アリエクで、yotaphone が安くなっていたので、以前15000円ほどでゲットしたんですが、これシステムアップデートが出てこないんですよね。ググってみるとファームウェアの書き換えで KitKat から Lollipop に出来るようなのでやってみました。

よくわかるサイト

ガジェットレビュー

LTE Band 1が使える「YotaPhone 2 (YD206)」のOSアップデート方法と、アップデート後に再度Band 1に対応させる方法

この通りにやれば、LTEが使える YD201 になり使い勝手があがります。特に、E-Ink 画面のアプリケーションのバージョンアップがかなりうれしく、ランチャーがたくさん登録できたりとかです。

ただ、残念なことに電池の持ちが劇悪くなりました。まだ様子見しているところですが、今日は夕方に電源が切れてしまいました。ちなみに、活動アプリ(ハートマークが)を動かしていたのが関係あるのかも。今は削除しました。

 

Update した Lollipop のバージョンは 5.0.0-RU1.1.124 で、このあたりに同じユーザの報告があるようで自分だけじゃなさそうです。

[Q}Lollipop Yotaphone 2 battery life – any fixes?

設定からアニメーションを遅くして、GPUレンダリングを使えばよくなったという報告がありますので同じように設定してみました。さて、どうなることでしょうか。

他、WiFi のスリープの件とか、Google 関連の使わないアプリなどバックグランドで通信しちゃうものとかなるべくアンインストールしておきました。

 

切れ方としては、30-40%からいきなり気がついたら電源が落ちていたという感じ。

KitKat の時は、ぜんぜん電池持ちましたので、最悪元も戻すかもです。1日以上持つ状態になれば Lollipop のまま使いたいですが。

yotaphone Lollipop でも、バッテリー持ちました

Screenshot_2

SJ4000 アクションカメラの動画からキャプチャーしたので画像悪し。

先日、yotaphone を Lollipop にして電池持ちが悪くなったんですが、フォーラムのようにしたら以前と同じように持つことようになり、一安心しています。

写真は、朝フル充電し夕方19時すぎ(あ、時計写ってますね)に残っているバッテリー残量です。77%ほどでしょうか?KITKATの時と同じような電池持ちです。

 

Lollipop にしてからは、ランチャーからメインのアプリが裏側のE-INKで表示できるようになったのですごく便利です。特にいいなと思っているのは spotify とか音楽聞いているとき E-INK側に常に表示されているのでそれが便利。これは使ってみないとわからない便利さです。

とろこで、今気が付いたんですが、ファームウェアっていれてからバージョンアップされたようで、1.1.134になっているようです。しばらく、これで使い込んでみます。

Screenshot_2016-11-16-21-05-25

あとは、アンドロイドウォッチが来たら連携してスマートウォッチがどのくらい使えるか(または、使えないのか)試してみたいです。スマートウォッチは今、発送中のようです。シンセンにものはあるようです。飛行機マークがありますが、船便か航空便どちらでしょうかね。たまに、航空便で来る時があってめちゃ速く届く場合もあります。まぁ、普通は2週間から1か月くらいですが。

image

レーザー加工機のメモ

レーザ加工機に興味が出てきたので、ドリルのCNC が先か、レーザが先か検討してみることに。

40W の Co2 のレーザ加工機が個人でも買える範囲(6万ちょい)であるので少し情報を収集。

興味の発端は、アリエクで、HT-K40E (JK-K3020) という型番のもの。個人でも手に入る金額です。

 

2015_New_Version_JK_K3020_laser_co2_40w_cnc_laser_cutting_machine_laser_engraving_USB_Supported-in_Woodworking_Machinery_Parts_from_Home_Improvement_on_Aliexpress_com___Alibaba_Group

40W のレーザーチューブだけでも販売されていて、自作するか悩みます。

Hight_Quality_700MM_40W_Co2_Laser_Tube_for_Engraver_Cutting_Machine___Water_Pipe___Kafuter_Silicone_Rubber_Glue-in_Woodworking_Machinery_Parts_from_Home_Improvement_on_Aliexpress_com___Alibaba_Group自作するには先輩がいらっしゃいますので、作成にあたりデータやステップを公開されています。

NONSAYA LASER WORKSさん設計のもの。

DIY-LASER-CUTTER_レーザー加工機の製作___Recipe

 

HT-K40E (JK-K3020)をyoutube で見てみると結構ボロイよいで、改造したくなる構造のようです。先人のブログを参考にしました。

管理人が興味関心を綴るぶろぐ。

レーザー加工アーカイブ

xy テーブルの大きさは 30cm x 25cm くらいのようです。レーザーチューブが割れていたり、配線がいまいちだったりで、見ていて「あぁ、このクオリティーかぁ、、、、」となります。大変参考になりました。

 

一方自作のは、xy テーブルは先の設計ですと縦360横455が加工範囲になり、いい感じですね。自作だとパーツの値段次第なので、どのくらいになるかわかりませんが、2016/1/17日現在の価格で6.5万くらいとありました。壊れたときや、加工範囲のことなどを考えると自作のほうが良さそうです。

 

他、レーザ加工機は、 Co2 じゃない、Blue Laser Module のが5W から 15W 程度のもの2~3万ちょいであるようです。

Freeshipping___15W_15000mW_High_power_laser_engraving_Laser_module_Blue_Light_450nm_laser_head-in_Woodworking_Machinery_Parts_from_Home_Improvement_on_Aliexpress_com___Alibaba_Group

水冷しなくて良い分、扱いは楽そうですがやっぱりパワーが足りないようで、透明アクリルをカットしている動画は見つかりませんでした。MDF や ベニヤなどを繰り返しトレースして切る感じです。

10W Blue Laser Module だと、こんな感じ。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=e3ub2w8r8bc]

NONSAYA LASER WORKSさん設計の40W の Co2 レーザーだと透明アクリルも切れるようです。すごい!作りたいですね、これは。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=6kKegyll3TQ]

来年の11/11 に向けて、パーツ購入候補です。 CNC だと削りかすと音がうるさいので、アクリル用途だと Co2 レーザーが良さそうです。

3D プリンターでパーツを作って、自作してみる候補の1つにしたいと思います。アルミ加工が最終目標なので、ドリルでのCNCはいつか作るか買うことになりそうですが。

 

xy テーブルは、シャフトとリニアブッシュが一番コストパフォーマンスがいいのでしょうか。このあたりは研究する必要がありますね。ドリルタイプのCNC と比べて力が掛からない分、安価なものでも良いという感じでしょうか。

自転車のフレームを自作している Pithy Bikes に感銘した

いつか、作りたいものとして自転車のフレームがあります。カリフォルニアに在住の、スティーブさんは1年かけてオリジナル設計の自転車のフレームを作り上げました。

Pithy Bikes

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=SelX_nA6fLI]

つい最近、完成したようです。1話目から見てみると所々に工夫が盛り込まれていて、見ていて純粋に楽しいです。ビデオの編集もちゃんとされていて、見る側を飽きさせないのも彼の職業柄からのスタイルなのでしょう。(と勝手に思っています)1つ1つの仕事が綺麗です。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=Ry8-icxNQTw?list=PLaz6WjKNr9tUDS1wJOVzUrjfIVvvoLC_5]

必要な設備も、ミニ旋盤、TIG溶接機、フライス盤(MILL)などが必要ですのでなかなか手が出ません。が、やれば出来るという動画ですね。彼とて、専門はモバイルゲームのアーティストのようですし。

 

今は2作目に取り掛かっているようです。

Pithy Bikes

http://www.pithybikes.com/

 

自分で作った自転車に乗る楽しさは、作ったものにしかわかりませんが、少しづつ完成していく工程は見ていて楽しかったです。

CURA 2.3.1 にしたらひどい目にあった

久しぶりにCura のスライサーを見たらバージョンアップしていたので、2.3.1 にしてみました。

About_Cura 

とりあえず何かプリントアウトしようと思って、程よく設定(したつもり)しプリントしたら、どうしてか、めっちゃ荒れます。

WDIV_filament_guide.gcode

なんか、設定項目がいろいろ増えたようなので、Wanhao i3 用にしないといけないところがあるのかもですが、ちょっといじった限りでは、

・温度(プリント温度、ヒットベット)が反映されない

・なぜか、アウターシェルやインナーシェルがあれる。(設定不足かも)

50mm/s のプリント速度でも、以前のバージョンの100mm/s くらいの肌質です。いろいろパラメータが、gcode にうまく変換できていない感じ。

なんとか、プリントは出来ましたが見れたものじゃないので、写真は控えます。(追記:やっぱり載せておきます。)構造物だったのでとりあえず機能していますが、、、(フィラメントガイドの役目ははたしています)

下の写真は最初にテストで小さいものと思って、出力した蝶ネジのサポートです。まぁ、形になっていないので落胆したんですね。右下の形になっているのは、前のバージョンのCURA で出したもの。100mm/s で急いで出したのでそれなりですが。最初、プリンタが壊れたのかと思いましたyo。

IMGP0869

設定をつめてないし、記録もあまりしていなかったので、また時間のあるときに検討してみることに。今は、バージョンをダウンして使っています。WIN は、14系、osX は 15系。こんな感じにやれば、うまくいきますよーっていうのがあれば、ぜひ教えてください。

 

ソフトウェアは、まぁパスして、筐体側をいじることに。まだ、wanhao i3 はドノーマル仕様なので、筐体を強化したり、あれこれカスタムするパーツを冬にかけて作っていこうかと思います。強化するのが先か、冬に備えて温度を安定化させる仕組みと筐体カバーを作る(か、棚に入れるか)を検討。みんな壮絶にカスタムして使っているようです。

Z_braces_for_Wanhao_Duplicator_i3__Cocoon_Create__Maker_Select__and_Malyan_M150_i3_3D_printers__by_AzzA_-_Thingiverse

あと、oranji pi のシリーズもあれこれ公開されているようなので、筐体強化と冬対策が出来たらカスタムしてプリントしていこうかと。

Orange_PI_collection_-_Thingiverse thingiverse って見るだけでも楽しいです。作るのを前提で見ているから、楽しいんだろうね。

この光物のオブジェ、いいなーって。壁にすえつけて中心に明るいLEDでもつけたら、かっこいいオブジェ兼ランプになるんじゃないかと。

Stereographic_projection_by_henryseg_-_Thingiverse

なくても困らないんだけど、あれば毎日の生活がちょっとだけ楽しくなるようなのがいっぱいあります。使うときを想像して眺めてみると楽しいです。

 

ドリル掘削CNC と、レーザーCNC と 3D プリンターを迷って、最初にゲットしたのが 3D プリンターだったけど、いい選択だったかなと。

あと、数年もすれば光造形のが安く買える時代になるんでしょうが。